FUJIFILM X-T20を買ったので、千波湖で鳥写真を少し

5月頃に、6年使っていたコンデジが壊れました。

なので、前々から一眼レフカメラに興味があり、新しいのを買ってしまいました。写真整理する過程でいろんな人のブログとか何やらを検索して読むにつれ、やっぱり違う写真表現をしてみたいと思うようになったのが1つ(沼への一歩?)。それから、どうしてもコンデジだと星空写真を撮るのにマニュアル設定の限界があり、撮れるものが限られてしまっていたのも不満でした。

コンデジとしては、水中用に買ったリコーのがあるので、気軽に持ち運んでちょろっと撮る分にはそれで十分です(あとはスマホ)。

では、どこのメーカーのどでにするか、パンフレットを集めていろいろ考えたのですけど。ずっとFUJIFILMのカメラを使っていたので、やっぱりFUJIFILMのに決めました。ミラーレス初心者にしてはマニアな選択かもしれませんが、操作する上で見慣れたアイコンマークがあるとちょっと安心します。

FUJIFILMの中でも一番安価でコンパクトなX-A3でもよかったのですが。自撮りをほぼしないのと、どうもあの、女子ウケしそうなデザインや色に惹かれず、その上の機種、X-T20に決めました。当初考えていた予算オーバーではあったのですけど、カメラのキタムラさんの下取りとかいろいろサービスを駆使させていただきました。

f:id:camelopardalis:20170724222131j:plain
カメラ箱。手に入れたのは6月上旬だったので、もう1ヶ月も前なのです。

f:id:camelopardalis:20170724222146j:plain
そしてカメラ。シルバーの方です。もちろんレンズキットです。自分としてはけっこうでかいかもしれません。


6、7月とバタバタしてたのでなかなか持ち出せなかったのですけど、7月頭、このカメラを持って千波湖を一周してきました。100枚も撮っちゃったし。

f:id:camelopardalis:20170724222200j:plain
最初の被写体、ゴイサギです。やっぱり鳥。千波湖の茶屋の裏手の小さな池で、小魚を狙っているようです。

f:id:camelopardalis:20170724222213j:plain
一方、千波湖は緑色です。アオコのせいでしょう。FUJIは色が鮮やかだと言いますけど、こんなふうになっちゃうんですね(決してカメラのせいではないですが)。相変わらずコクチョウたちもいます。

f:id:camelopardalis:20170724222228j:plain
前に見た、コクチョウのひとりっ子ちゃん。どうもこの春に生まれたのはこの子だけらしく、もうこんなに大きくなってました。他のカップルは抱卵などはせず、それぞれ餌さがしとかでウロウロしてるくらい。

f:id:camelopardalis:20170724222248j:plain
このカメラ、特定の色だけ残して他は白黒で撮影できるという機能があり、早速試してみました。赤残しなので、くちばしだけが赤く写ってます。おもしろい(でも、この場合は、他の部分は全部同じようなグレーになっちゃってる)。

まだ、他の機能とかはよくわかってないのですが、徐々にいろいろ試したいです。

f:id:camelopardalis:20170724222310j:plain
コブハクチョウももちろんいました。


f:id:camelopardalis:20170724222327j:plain
カモ。アオクビアヒル? 若鳥なのか、色がまだ安定してない感じです。

f:id:camelopardalis:20170724222405j:plain
そんな感じで一周して戻ってきたら、同じところに今度はダイサギがいました。レンズをいっぱいに伸ばしてシャッター切りましたが、こんなふうに顔つっこんでるのまで撮れててなんか感動です!

f:id:camelopardalis:20170724222429j:plain
裏側にまわって撮ったもの。くちばしに小魚がいるのもわかります。羽の細かなところまでくっきり写ってて、さすがだと思ってしました(カメラが)。こんなのは、タイミングにもよるでしょうが、今まで撮れなかった写真ですよね、やはり。


夏はこれを持ってどこか行きたいですね〜。お天気さえよければ。