保和苑のあじさい(ちょっと早い)

あじさいのシーズンにはちょっと早すぎですが、散歩も兼ねて、水戸であじさいの名所、保和苑に行ってきました。


f:id:camelopardalis:20200604101523j:plain
X-T20
クラシッククロームで撮ってみました。お寺だし、日本庭園だし、これはこれでいい感じなんです。

f:id:camelopardalis:20200604101555j:plain
X-T20
が、結局はほぼ緑の花を撮るわけで、若干地味というかもったいない気もしてきて、

f:id:camelopardalis:20200604101614j:plain
X-T20
結局、ここからベルビアにしてしまいました。

f:id:camelopardalis:20200604101643j:plain
X-T20
咲いてるのは少なかったです。一部咲きくらい? 被写体探しにもちょっと困るくらい。
こういうシーズン始まり前に来ると、園内最終整備の方々が多いです。草刈りしたりしてました。

f:id:camelopardalis:20200604101723j:plain
X-T20
日差しがあると明るく撮れていいのですが、暑くなってきました。


ところで。
ここにはクジャクがいます、大きめの鳥小屋に、2羽。

f:id:camelopardalis:20200604101753j:plain
X-T20
「動物園で撮ってみよう」ってのを、X-T20を持ってからやったことがなかったので、これはちょっとしたチャンスでした。なるべく小屋の網を消しつつ、中の動物にピントを合わせるというの。
例えばこんな感じでしょうか。それにしても、改めて見ると羽の色も形も見事です。

f:id:camelopardalis:20200604101924j:plain
X-T20
周辺を一周してきて戻ってきたところで改めて見たら、尾羽を広げてました!




そういえば、前にあじさいの時期にここを訪れた時の写真も残ってるから記事にしてるだろうと思ったら、してませんでした!
あぁ、全然ブログ書いてなかった2015年のこと。写真はもちろん残ってます。
こういう時に困るので、やっぱり何か書いておいた方がいいみたいですね。


twitterにはありました。
これ、6/10なので、もうちょっとしたらまた行きたいです。

那珂川沿いを歩いてきた

昨年フルマラソンを走ったママ友さんに、
「運動不足だから散歩したいんだけど、千波湖は混んでるよね?」
って聞いたら、
那珂川沿いが空いてて穴場だよ」
と教えていただいたので、走るんじゃなくって散歩に行ってきました。

f:id:camelopardalis:20200527101600j:plain
X-T20
水戸市内を流れる那珂川。前回にひき続き曇り空写真です。
ちなみに走ってる人、子どもたち、何人か見かけました。河川敷はサッカー練習場にもなっているので練習してるチームもありました。
水戸ホーリーホックはここじゃなくって城里でやってるんでしたっけ?

f:id:camelopardalis:20200527101630j:plain
X-T20
青柳のあたり、土手から降りたところ、こんな道もありました。土手から降りると散歩にふさわしいかと思うと微妙かもしれません。一応、車の跡はあって道になってますが、人いなすぎて怖いかも。

f:id:camelopardalis:20200527101700j:plain
X-T20
そしてここ、いたるところに、増水時(多分去年秋の台風)に流れてきたであろうゴミがたまってます。

f:id:camelopardalis:20200527101724j:plain
X-T20
なんでここに電柱があるかわからないけど、電柱の上まで枯れ草がひっかかってます。

f:id:camelopardalis:20200527101751j:plain
X-T20
で、多分この場所は竹林だったんでしょう。全てなぎ倒され(近くにたまってた)、新しいたけのこが生えてます。

f:id:camelopardalis:20200527101829j:plain
X-T20
元青柳体育館側から万代橋近くまで歩いてくると、「青柳の渡し跡」という碑がありました。渡し船があったそうです。知らなかったー。

f:id:camelopardalis:20200527101847j:plain
X-T20
そしてその近くに、水戸八景の「青柳夜雨(あおやぎのやう)」がありました。
水戸藩の八景めぐりは「水戸郷土かるた」で知っていましたが、その1つが偕楽園にある僊湖暮雪という石碑、それしか知らなかったのですけど、ここに2つ目がありました。他は水戸市外だそうです。



ところで。野鳥もいました。

f:id:camelopardalis:20200527102016j:plain
X-T20
ホオジロ
かわいい声で鳴いてました。

f:id:camelopardalis:20200527102033j:plain
X-T20
ヒバリ。
ヒバリって、田んぼなどの上、空の高いところで忙しく鳴いているというイメージなので。水府橋を渡っている時に鳴き声が聞こえたから上を見たんだけど見つからなくて、ふと顔を下ろしたら欄干で休んでたんで、びっくり。やっぱりたまには飛ぶのやめて休むんだ、みたいな。

f:id:camelopardalis:20200527102158j:plain
X-T20
多分これもホオジロ


というわけで、新たな散歩ルートとしてはちょうど良いかもしれません。

緑の偕楽園

緊急事態宣言も解除され、茨城もいくつかの観光施設が再開し、閉まっていた偕楽園も入れるようになりました。ので、平日午後、空いてるだろう時間帯を狙って見てきました。

f:id:camelopardalis:20200526090640j:plain
X-T20
県民なので身分証明書を見せて無料で入ると、中は全部緑でした。曇ってるから空が真っ白。

f:id:camelopardalis:20200526090715j:plain
X-T20
咲いている花は、つつじの残りがほんのちょっと、くらい(あとタンポポとかの雑草)。今の時期、つつじ祭りには遅く、あじさいには早すぎるのでした。

f:id:camelopardalis:20200526090752j:plain
X-T20
好文亭のところへ行く芝前門(しばざきもん)。

f:id:camelopardalis:20200526090822j:plain
X-T20
梅の実。なんと、これ、てっけんの実なのです。あの、花びらがない花をつける梅です。花びらなくても問題ないのかと思うとちょっとびっくり。

f:id:camelopardalis:20200526090846j:plain
X-T20
けっこう実がなっているように見えて、ほとんど実がない樹もありました。早春の花はどれも見事でも、実のつき具合は品種によるのですね。あと、「実を持ち帰らないで!」という注意書き各所にありました。ただ、いつもは「梅の実落とし」をやって一般販売するものの、今年は販売はないみたいなので、しかるべき食品工場に加工用にまわるのかもしれません。

f:id:camelopardalis:20200526090939j:plain
X-T20
園内本当に誰もいません。お客さん、すれ違ったのが5人くらい? 園内管理されてる方の方を多く見かけたような。

f:id:camelopardalis:20200526091021j:plain
X-T20
きれいに刈りそろえてあると、雑草の花も整ってるように見えます。

f:id:camelopardalis:20200526091058j:plain
X-T20
園内から東門を見たところの、いわゆるメインストリートですが、こんな感じ。左の緑の三角コーンの向こうは、藤棚の剪定作業か何かをしてました。

f:id:camelopardalis:20200526091129j:plain
X-T20
もみじの新緑が鮮やかですが、曇ってるし夕方近くなって光の量や向きも微妙でした。まぁ、今日は偵察、散歩(運動)、気軽撮影気分を兼ねてだったので。

f:id:camelopardalis:20200526091209j:plain
X-T20
隣の常磐神社。なんと、拝観が15時までとかで、この時間は既に閉まってました!


というわけで、久々に出かけてみて短時間でも発見あったので、「ベストショットを撮るためにこのシーズン、時間帯に!」というのじゃない撮影も続けたいなとは思いました。