まちなかゴミ拾い

水戸まちなかデザイン会議
www.mitomachinaka.com

というのに参加しています。
経緯はいろいろあるのですが、以前からまちなか活性化関係のみなさまとのつながりがあって、公共交通の関係もあって、話が来ました。
もちろん、関心ある方はどなたでも参加できます。

その中の、お掃除ワークショップに参加してきました。
活性化の前に、現状把握等も含めて、まちなか掃除しようじゃないかということですが。
なかなか家から出るきっかけもなく、人とも会えずのところ、貴重な機会でした。もちろん屋外でもマスク着用で、参加者はみんな検温と連絡先登録でスタートです。

www.mitomachinaka.com

なんか久々に、久々な人、はじめましてな人と会えて話せて楽しかったです。


で、私はその中のまちなかゴミ拾いのチームに参加しました。
こんなごみ拾いボランティアって始めて参加しましたが、やってみるといろいろ見えてくるものがあります。

だいたいこんな感想でまとまってますが。
一見キレイになっているように見えててもひどかったです。

吸い殻はあちこちにあるし。
駐車場だらけなのは仕方ないとして、駐車料金払うところにゴミとかマスクとか落ちてます。ひどいです。
あと、銀杏坂のローソンの前。
電線が地中化したことで、茶色いボックス(電信柱と呼ぶの?)があるのですが、その裏側で、かつ、歩道橋の下。死角になっているので、植え込みも含めてゴミだらけでした。
多分、コンビニで買ったものをそこで開けて、袋は投げ捨てて行くのでしょうね。
かといって、じゃ、コンビニ前にゴミ箱を置くわけにもいかないのでしょう。

レジ袋有料化とかなんとか対策言われてますが、結局は商品包んでいた何かをこうやってそのへんに捨てられると、環境汚染の原因にもなるわけですから、意識変えてもらうかしないとどうしようもないと思わされました。


さて。
一緒のチームの人とも、まちなかでの気づき等を話しながら歩いたので、「知らなかった!」ってことがいろいろありました。
例えば、街路樹がけっこう太いのだそうです。よそと比べて?
久しぶりにまちなかゆっくり歩いたので、バス停に屋根がついてたりなんていう新しい発見もありました。


次も、チャンスがあれば参加したいです。
今回こそは、(一発活性化イベントではなく)長く続く活動になればと思いますので。

蝶の写真

ワクチン接種は終わりましたが、緊急事態宣言中なのでうちにいます。

なので、写真撮るといえば身の回りのみになりますが、風景撮ると家バレするので虫写真、主にチョウの写真です。もちろんiPhoneで撮影。

 

f:id:camelopardalis:20210905143658j:image

ルリシジミ

図鑑で見るとシジミチョウってすごくたくさん種類があって、羽の裏と表でも全く違っていて、よく観察しないと何かわからないことが多いと、こうやって撮るようになって気づきます。

 

f:id:camelopardalis:20210905143702j:image

地面を見てたら何やら動くものが。

アリが死んだシジミチョウを運んでました。いかにも、という写真が撮れたのではないかと思います。

 

f:id:camelopardalis:20210905143705j:image

おなじみベニシジミ

 

あとは、twitterに先に投稿したやつです。

 

 

並べてみると、みんな小さいチョウばかり。

アゲハとかもいるのですが(今日はルリタテハらしきのも見かけた)、なかなか止まってくれなくって。

 

ところで。皿洗いのお供にNHK+の「昆虫すごいぜ」を初めて見ました。

香川照之先生がすごいとの噂でしたが、本当に熱かったです。とともに、昆虫の魅力も伝わってきますね。

 

というわけで、仕事以外何もできてないという日々で(勉強はぼちぼち)、こんな感じです。早く出かけたりしたいものです。

新型コロナウィルスのワクチン接種完了しました

タイトルどおりです。
ワクチン(ファイザー)接種完了しましたのでその話です。

水戸市からの接種券は6月下旬に届いたのですが、子が基礎疾患持ちに該当し、ほぼ同じ頃に接種券が届き予約も可能になったので、一緒に行ってきました。
なので、二人ともなるべく早く接種したかったのと、同日同時間帯にできるところということで、水戸市の大規模会場を予約しました。

1回目

まぁ、年頃なんでね、いろいろふざけているわけです。
子の方が実は、接種後の15分の待機時間中にお腹が痛くなってトイレに行くことになり、待機場所で「何かあったら声かけてください」な看護師さんに心配され、メモまでされて、なんかご迷惑をおかけしましたという感じでした。

多分、普段からお腹の調子がいまいちぎみなところもあり、また、本人大の注射嫌いで緊張したり(だからふざけないといられない)したせいもあったのではないか、と思うのです。

というわけで、帰ってからは特に問題もなく二人とも過ごすことができました。

2回目

問診の先生(筑波大って書いてあった若いお兄さんだった)が1回目と同じ先生でなんか嬉しかったです。私たちを覚えていてくださったみたいですし。

その先生に前回の腹痛顛末を話したら
「緊張のせいも考えられますが、稀に、アレルギー(アナフィラキシー)がお腹に来るタイプの人もいるので・・・、待機時間30分で」
と言われました。
本当に、心配してくださったのだと思います。

接種の時のお部屋には前回お世話になった看護師さんもいらっしゃって覚えていてくださっていて、良かったです。

そして、15分待機の人とは少し離れた30分待機場所に二人で行って(私は15分だけど)、今回は全く何もなく、30分後に会場を後にできたのでした。

心配してくださった先生にちゃんと報告が行ってるといいなと思います。
でも、何もアクシデントがなかったことが伝わっていればいいのかな。

で、心配した副反応はやっぱり、当日はなんともなくて翌日に出るもののようです。

子の方が若いから副反応多めかと思ってたのですが、そんなこともなかったようでひと安心です。


というわけで、二人完了。
うちはもう一人、若い下の子がいて、ようやく接種券も来て予約済みなので、早めにさっさと接種したいです。