いろいろ捨ててる11月

年度変わった時点でライフスタイルも変わったりしたので、ようやく重い腰をあげていろいろ片付け作業に入ってます、11月。

写真ないですが、まずはCDラックを処分しました。
扉がついてるタイプで、扉の部分が姿見の鏡だったのですが、震災の時(10年以上前だ)に鏡だけ割れて、ただのラックになってました。
それはそれで棚としてはきちんと機能してましたが、場所も取るので処分。

処分する時、粗大ゴミになるので、お金かかるのですね。
うちの自治体では、電話で回収の予約をとると同時に、粗大ゴミの券をスーパーなどで購入して、それを貼って出します。

それから、部屋の使い方も考えて、物(といってもほぼ書類、書類!、書類!!←つまり過去のデータ)を移動させ、この際だからいらないものは処分します。
それでも、その書類棚の1/5くらいしか出せなかったかも。

とか言ってたら、子どもが、学習机の椅子の背もたれが取れたとか言ってきました。
金属部分が割れたので、どうにもなりません。
処分です。
余ってる別の椅子があるのでそれを使ってもらうのでOK。

あ、回転椅子も粗大ゴミですか、そうですね。

さらに、あと1つ、本の重みその他でゆがんでる棚も処分しようかなと、あれこれ物(だから書類)を移動させてます。

前にもどこかに書きましたが、クリアファイル、クリアフォルダーが、紫外線で劣化してボロボロになるのです、知らないうちに。
なので捨てたいのですが、それぞれのページに丁寧に書類を入れたものは、フォルダーがボロになったからってまたページから紙をひとつひとつ出すのって、すごい手間ですね。
そのあたりはとりあえず後まわしにして、手がつけやすいところからやってます。

まだもうちょっとかかりそうですが、23日も雨らしいので続きをやるかな、という感じのこの頃。


13年前の片付け記事。

cam.hatenablog.com

秋の笠間は、菊と紅葉と栗

笠間市に行ってきました。
こちらのツアーです。
www.ibarakiguide.jp

駅でパンフレットを見つけて、「駅集合でツアーバスでめぐってくれるなら、これは楽なのでは」と思ったのです。
なんてったって車を運転しない私、車持ってないし。

友部駅集合で集まってみると、参加者は1桁でした。
この日、水戸では黄門まつり、土浦では花火大会、他にもイベント盛りだくさんで、競争相手多かったんでしょうね。
少人数でゆったりめぐります。
案内は、観光協会の方と、筑波山ジオパークの笠間担当の方です。

ジオの話も少しあって、
高師小僧 - Wikipedia
高師小僧、という鉱物というか石、の話も教えていただきました。


ツアーは、まず最初は井筒屋に向かいます。
もうそこは菊まつり会場。観光客もたくさんいました。
そして、どこを見ても見事な菊ばかりです。

X-T20

ピンク色の菊と井筒屋。

X-T20

水に浮かぶ菊。

X-T20

黄金色。

X-T20

井筒屋の庭園、奥には紅葉も見えます。
朝は曇りがちだったので空はこんな色。

X-T20

井筒屋の裏庭。

X-T20

蜜を集める虫もたくさん飛び交ってます。



続いて、そのまま歩いて笠間稲荷神社へ向かいます。
門前のお店もどこも菊でかざってあります。
甘いおいしそうな匂いも。

X-T20

笠間稲荷神社の傘。
これ、前に動画で見たことがありました。

youtu.be
これ、けっこういいと思うのですが。

X-T20

笠間稲荷神社
菊まつり目当ての観光客から、七五三のお参りの着物姿のお子様やご家族まで、とてもにぎわってました。
なので、撮ろうとするとどうしても人が入ってしまうのでこんなアングルに。

X-T20

お稲荷さんだからキツネ(ギーツ??)。
誰かと思ったら、おもしろいヤツに目が合ってました。

X-T20

北条義時と政子の菊人形。

X-T20

別のところでは着付けしていました。
当たり前ですが、切花を着付けするので、花がしおれてダメになったら着替えなのですね。

X-T20

お昼ご飯、味の店「はらだ」にて。
栗ごはん、栗(と柿とれんこん)の和物、栗プリンと、栗づくし。
ちなみにお店が「貸切」と書いてあったので、うちら少ないのにどうしてかなと思ったら、別部屋はどこも、七五三を祝うご家族の集まりのようでした。

X-T20

午後はまず、春風萬里荘へ。
北大路魯山人の家を鎌倉から移築してこちらに来たそうですが。
家の中も、古いんですが、住んでた人のセンスなどが感じられて見事でした。

X-T20

枯山水のお庭。
コンパクトですが、周囲の趣などもあって見飽きません。

X-T20

とにかく紅葉が見事でした。

X-T20

真っ赤。

X-T20

ここまでくると、カメラの良さを生かせてるのかどうかという気分にも。

X-T20

次は、陶芸体験。手ひねりです。
セキュリティ✖️陶芸。
できあがりが楽しみです。
ちなみに、指導してくださったお兄さんが興味を示してくださって、「普及に成功!」と思うのでした。

X-T20

終わったら、道の駅かさまで栗ドリンク。
モンブランは売り切れだったりして、また今度ですね。

道の駅かさまは、1年くらい前にオープンして、それはもうすごいにぎわいだというのは聞いていたのですが、今でもその人気は衰えないそうです。

お買い物が終わったら、バスで友部駅に戻って解散です。
4時前の明るいうちに終わりになりました。



さて、笠間市
陶炎祭とか、先日のBIG BAND PICNICとか、けっこうたまに来てるわりには、その時その時、目的地オンリーで他は全く見ることがありませんでした。
従って、連れてきてもらって(乗ってきて)、一体市内のどこをどう走ってきたのかもわからないし、他のところを見に行くには何の公共交通を使ってどう行って何分くらいかかるのか、さっぱりわからないといった感じだったのです、これまで。
見どころも多いせいか、パンフレット等を眺めてもルートが探せないという。

なので、今回、主だったところに連れていってもらって。
かつ、それぞれの場所で「バスがあった」「レンタサイクルがあった」とわかって、次に訪れる時は何をどうしたらいいか、ようやくわかったような気がします。



ちなみにこのツアー、別なのにも申し込んでいるのでまた楽しんできたいです。
あと、カメラ。
久しぶりに使うと、本当、細かなことを考える余裕がないのがまるわかり。

自転車で転んだよ痛いよ

自転車で転びました。

雨の中、仕事帰り、いわゆる車道から歩道に登ろうとした時に、わずかな段差に対して直角ではなくわりと平行に入ってしまい、雨で滑りやすかったのも絡んで、登りきれずに転倒しました。

動けないわけでなかったので、起き上がって体制立て直して帰宅しました。頬を打っていたので「顔が痛い〜」と思いながらでしたが。

帰ってきてみてしばらくして、脇腹がずっと痛いのが気になってきました。

咳をしても痛い
痛くて鼻をかめない
大きな動作するのもきつい

などあって、これは肋骨が、折れてはいなくても何かなっているかもしれないと、翌日、病院へ行ってきました。

レントゲンを撮ってもらって大きな異常は見つからなかったですが、ヒビが入っているなど写らないこともあり、症状があることなどから湿布とサポーターがでました。

というわけで、今に至ります。
まだ痛いです。
痛み止め飲み薬はなくても大丈夫な程度です(変な動きをしなければ痛くない)。

寝返りうったり、起き上がる時に痛いです。
とっさの動作で体幹に力を入れる時に痛いです。
これは、やっぱりやらかしてるでしょうね。

話してみると、周囲にも肋骨にヒビとかそういう経験者けっこうおりまして、「骨折より痛いよ」「長くかかるよ」などと、脅されております。


しかし。
自転車で転倒はそれこそ学生時代から何度かやらかしてるといえばそうなのですが、ここまでひどいのは打ちどころが悪かったのと、年もあるかもしれません。
12月に骨密度の検査を(久々に)受けようと思ってるのですが、ちょっと怖いかも。
前回も大丈夫だけどあまりよろしい数値ではなかったので。年齢的に危険なのもありますし。

そう、通勤時のことなので、労災保険対象だそうです。
このへんも初めてなので勉強になりますというか、会社の方にお世話になってます。


ここ数日、やっぱり痛いので、モチベーションみたいなのも下がっていて、気が抜けてます。
いろいろ忙しかったり、重い悩み満載だったりしたのもあって、「休みたい」って気分なのは体が回復を欲求してるせいなのかもしれません。
あぁ、試験近いのに。