読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋公ライブ観賞

MOON CHILD

先週の火曜日になるんですが、やっと、4月に Viewsic で放送された、2月の渋公で収録されたライブの模様を見ました。頼んでいた友人(2人)に送ってもらったビデオが届いたのが、その2、3日前だったんですね。もちろん、私が「急がなくていい」って言ってたので、この時期になったわけですが。それで、たまたまその日は風邪をひいて熱が出て、どうしようもないので仕事を休んで家で寝てました。夕方くらいに気分が良くなったので、じゃ、まとまって時間も取れることだし、ビデオを見るかということになったのです。

最初は、熱のせいか、約5ヶ月というブランクのせいか、けっこう「ぽか〜ん」と見てました。もちろん、この人達に入れこんで追いかけてたのは思い出せるんですが…、という感じ。ところが、記憶にばっちり残ってて、ライブレポートでこんな文章で書いたというふうに思い出せるシーンが次々に現れて、収さんの弾き語りとか、カシーのアップとか、わりっちのベースを弾く手の動きとか、ひろちゃんのソロとか、幕が落ちてあの文字と絵が現れたりとかすると、もう、体は起き上がってお約束をやりはじめる始末。やっぱり、体にしっかりしみついてるんですね〜。3曲ほど入ってなかったのは残念ではありましたが、他でもおもしろいところは十分残してあったので、すごく楽しめました。MCもほとんど入ってなかったけど、それが良かった。十分、ライブの模様(曲、演奏とパフォーマンス)だけで。そういえば、あの時は泣けなかったけど、今度ばかりはちょっぴり泣けました。やっぱりね、もう2度とこのみんなが集まってってのを見れないかと思うと…。

あの日以来、カシーは3月にライブで見ましたけど、メンバーみんなを見ることはなくって、やっぱりあの時で時間は止まっているというか、今頃何してんのかな? 元気かな? 本当に、私達の前に出てきてくれる? って、不安が浮かんできました。あぁ、彼等も心配だけど、今、けっこうそういう意味では抜け殻的な自分も…。ビデオを見てて、そういえばあの頃は、歌、歌詞のひとことひとことから、本当に勇気づけられてたのに…。今はそういうのがなくて、つらいことはつらいまま背負ってしまってそうな感じ…。

そう言いながら、あの、1999年7の月が始まってもう半分ですが、仕事(研究)が山ほど降ってきて、恐怖の大王ってこれだったのかも、と思うこの頃です。今月に発表が2件。ふぅ〜、がんばろうっと。