読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロウィン

手作りボウケンジャケット

11月になっちゃいましたが、先月末、ここの子供会の一大イベント、ハロウィンのイベントがありまして、実は、先月後半はこの準備にかなり時間を割いておりました。

このイベント、子供はもちろん、大人も仮装して集まってOKなんです。けっこう気合いが入ってるみなさんもいて、なかなか楽しい&すごいんです! そこで我が家は、当然ながら、今はまりにはまっているボウケンジャーのかっこうをすることに(私が)決めて、衣裳制作開始です。しかも、大人(=私)用のボウケンシルバージャケットと、子供用のボウケンブルージャケットに決定〜!! ♪d(⌒〇⌒)b♪


無謀です…。だって、2月にミシンが来たばっかりで、小物くらいしか縫ってなかったっていうのに(けど、もともと手芸好き)。しかも、最初に手をつけたのは、エナメル素材のシルバージャケットの方でした。幸いにして、既に制作された方がブログにそのことを詳しく書いてらっしゃったので(かぁちゃんさんのブログ)、とても参考になりました。ありがとうございました。

確かに、と〜っても縫いにくい! 縫いにくいよ、高丘…。中表にしたエナメル面どうしがくっつくは、ミシンに布がくっつくわ(進まないので、ちらしとかメモ紙をはさんで縫ったりして、めんどくさいことを繰り返しました)、待ち針刺すとエナメル面に穴があくので刺せないわで…。それでも、なんとかかんとかがんばりました。よくよく見ると、ひどい間違いとか、縫い目ががたがたとか、いろいろあるんですけどね…。

襟の後ろは、本物はミシン刺繍なのですが、手持ちのミシンはそんないい機能はないので、考えたあげく、白、黒、赤の広い部分はフェルトにして、そのまわりを、指定の色で、ボタンホールのジグザグミシンでアップリケ状にする、としてみました。まあまあになった気がします。

シルバーを先にやったものですから、普通の布で縫うブルーの方は、そりゃもうやりやすかったですよ。サイズも小さいですしね。襟後ろのマークは、本物は印刷らしかったのですが、こっちは手縫い刺繍にしてしまいました。それから、襟の裏や見返しの部分の青系迷彩柄は、手書きしました、油性ペンで。なので、いじっていると落ちて手について汚れてしまいます。

ところが、実は、シルバーの方は背中の文字書きが当日までに間に合いませんでした〜。orz 両方のジャケットのポケットを省略するとか、簡単にできるとことはだいぶ手を抜いたつもりだったんですけどね、時間がなかった&見通しが甘かった…。

  

だって、子供たちに配るお菓子とかそれに関わるあれこれとか、他にも準備するものがいっぱいあったんです…。(言い訳)

そんなこんなでハロウィン当日の夕刻。近所の公園に続々と親子が集まり始めました。たいていは、悪魔やお化けのかっこうをした子供たち。小学生なんかは、黒いゴミ袋で自作したりしたんでしょうね。一方、女の子はお姫さま衣裳だったり、魔法使い風だったり♪ また、中にはボウケンレッドな子とか、マリオとか、ポケモンなどのキャラクター系もおりましたよ。そして、カメラを構えて撮影する親の数もかなりです。その中に、私達ボウケン親子も加わりました。

もちろん、いろんな年齢の子がいるわけですから、ボウケンジャーを知らないママ友さんもいらっしゃるわけですけど、一応は、「2つとも自分で作ったの? すごいねぇ〜」といっぱい言ってもらえて自己満足しちゃってました、私。左手にはゴーゴーチェンジャーをつけて、気分だけは高丘。もちろん、黒の綿パンツに白ベルトです。ジャケットよりもゴーゴーチェンジャーおもちゃにつられて容赦なく手を出す子供には、「俺様のゴーゴーチェンジャーに何をする!」を言い放ってみたり、悪魔の格好で襲ってくる小学生には、「高丘流、アシュ魂滅!!」と叫んでみたり。すっかり、子供たちにまじって遊んでしまいました。(≧▽≦)ゞ

いつも私のボウケン話につきあってくださるママ友さんには、「こういうお母さんだと、子供たちも楽しいよね〜」とフォローしていただきましたが、いや、単に私がまだまだ子供なだけ、って感じです。( ̄▽ ̄)v

こうして撮影大会が終わった後は、いよいよ、各家庭をまわってお菓子をもらって歩きます。けれども、うちは下がまだ小さくて子供だけでまわることができないので、一緒に行くことになりますから、我が家に来た子供にお菓子を渡してあげることができません。そんなわけで、玄関の外に段ボール箱で作ったプレシャス回収ボックスを設置しその中にお菓子を入れて、高丘映士に留守番を頼んでおきました。写真のようなセリフ入りで。こうすれば、子供も楽しんでくれるだろうし、ボウケンジャーを知らない人でも、あのジャケットの本物はこんなんだ、ということがわかってもらえると思いまして。

一方で、あのシルバージャケットを着て歩きまわっていたら、本当に暑い! サウナスーツ状態です。中の人の苦労が少しだけわかったひとときでした。

や…、やりすぎですか??? でも、とっても楽しかったです〜。今度はいつ着る機会があるでしょうか? 子供用ブルーは意外とでかかったので、長もちしそうです(といっても2月にボウケンジャーは終わっちゃうけど)。

そして、家にはいろんなお家でもらってきたお菓子が山盛りとなったのでした。何日もつでしょうか?