読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンルーム

ポケモン 子どもとお出かけ (旧)今日の一枚

camelopardalis2005-10-09


5日の午後に、全日空の飛行機で札幌入りした我が家。宿泊したのは、札幌全日空ホテルのポケモンルームなんです!

入ってみてびっくり、お部屋のカーテンも、ベッドカバーも、タオルもコップ(お茶用、ガラス、うがい用の3種類)も、トイレットペーパーのところも、ポケモンだらけ。ぬいぐるみは巨大ピカチュウを筆頭にゴンベもアチャモルカリオも、おまけにおしゃべりミュウまでいるし。感激〜〜。それに、ミュウツーからデオキシスまで、映画のビデオも用意されていて、お部屋で見ることができます。これじゃ、学会の保育室やめて、お部屋にいようかしら?と思ったくらい(でも、そんなわけにはいかないですが)。


それに加えて、おもちゃも置いてあったので、子供たちはそれに夢中でした。「パソコンであいうえお覚えよう」っていうのと、ラジコンポケモンジェット。でも、ラジコンポケモンジェットは、飛行機は左右には動く(傾く)のに、肝心の前進ができずで、音ばかりでっかくっておもしろみ半減(いや、それ以下)でした。残念。もっぱら滞在期間中は、子供たちは奪い合いながらパソコンおもちゃをいじっておりました。あとは、対戦するおもちゃなどがあったのですけど、それはうちの子には難しいので、ほとんど出番なし。

とにかく、私が一番喜んでた、でしょう。思ったのですが、いつも、ポケモンセンターとかに行くと、いろいろ欲しくなってしまいます。ぬいぐるみだけじゃなくって、こういった生活雑貨を。でも、ポケモンでそろえようと買い集めてしまうと値段もものすごいし、デザインに飽きてしまうかもしれないし…(すぐに新ンデザインも出るし)。とにかく、自宅のインテリアをポケモンで徹底するのは無理なことです。それを、数日間だけ夢のお部屋で過ごすことができる。買う必要もないし、一時の夢を味わえる。嬉しい&便利なサービス。これが、全国のあちこちのホテルにあって、利用者もけっこういるわけですから、なんかすごいなぁ、と。ポケモンもですけど、こういうサービス(お部屋)を考えたのが。

こんなに楽しくていいお部屋なのですが、少しだけ注文つけたいところがあるとすれば、タオルが全面ポケモン印刷されたものなので、よくあるように、吸水性が悪いのが難、ということでした。翌日とかに、替えでちょっと使い込まれたのが来ると、印刷は薄くなってるのですが、吸水性は普通になっていて…。

他のサービス。初日の夕食には、上の子は、ポケモンのお弁当箱みたいなのに入ったセットを食べました(かなり残したので、私がいただきましたが)。1階にある喫茶店には、入りませんでしたけど、ポケモンのぬいぐるみがいっぱいディスプレイされてるし、ポケモンの食器を使ったお食事とか飲み物とかもあります。

そうそう、10月2日まででしたでしょうか? ホテルの一角で「ポケモンセンターサッポロ」がオープンしてたのですが、もうなくなってました。残骸が少しありまして、それが下の写真です。入り口のみ。

このホテルには、同じ階にポケモンルームが3室ありまして、午前の掃除の時にドアが開いていたので、他のお部屋も少しのぞかせていただいてしまいました。我が家が泊まったお部屋は黄色カーテン&ミュウもプリントしてあるベッドカバーだったのですが、他は、青カーテンだったり、ピチュウ兄弟プリントのベッドカバーだったり、コップの柄が違ったり。どうも、微妙に違うようです。

当然ですが、こういったタオル類のポケモングッズはお持ち帰り厳禁です。プレゼントしてもらったのは、Tシャツ(140サイズだそうですが、うちは一体誰が、いつ着れるのやら…)、絵はがき、子供用スリッパでした。それでも大満足。大変お世話になりました。お値段は、今回は夏休みとかではないシーズンオフなので、通常の宿泊料金+500円だったそうです。

帰宅した時、上の子は、車の中で、「ポケモンのお部屋に泊まっていたかった〜」といって泣いておりました。また行きましょう。というか、私がまた行きたい!