読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイエンスカフェ 地球温暖化に関するエトセトラ

科学技術コミュニケーション

20日になりますが、水戸芸術館高校生ウィークイベントの1つでもあります、サステナ部のサイエンスカフェ、「地球温暖化に関するエトセトラ」に参加してきました。ゲストは、茨城大学田村誠さんです。


参加者は、芸術館関係者の方も含めて15名程度。その中には、高校生が4名ほどいらっしゃいました。この日も、6日に行ったのと同じような感じで、テーブルを囲んで簡単に自己紹介した後、まずはお話を聞きました。

温暖化というわけですので、その観測事実、気温上昇の予測、さらにどういう影響が出るかまで、内容は多岐に渡っておりました。けど、中でも田村さんが時間を使って説明され、参加者の印象に残ったのは、温暖化による海水面上昇の主な要因は南極や北極の氷が溶けることではなくて(溶けても海中の氷が溶けるならあまり寄与しない)、水が温度上昇によって膨張することだ、というものでした。よく、温暖化の象徴として氷山が溶けて砕ける様子がテレビのニュース等で強調されますが、どうやら違うのだそうです。もちろん、海面上昇するだろうという結果は同じなんですけど。このへんは、科学が「ここまで解明されました!」という結果(常識)が、研究が進むにつれて変わっていくし、変わって当たり前、という例の一つにもなるかもしれません。

お話の最後の方では、温暖化対策として緩和策と適応策の2種類があることが示されました。二酸化炭素を出さないようにする、出てしまったものを固定するのが前者。後者は、CO2が増えて(ある程度)温暖化してしまった状況下で、どのように社会システムや暮らしを適応させてゆくのか、という策です。このあたりは、実際の生活とも関わるので、みなさんにはいろんな行動例やアイディアが浮かんだことでしょう。最近では、再生可能エネルギーなど、同じ生活レベルを維持すべく変わりのエネルギーを探す方向に社会が向いているように見えますが、それでは本質的な解決にはなってないのではないか、とおっしゃってました。

途中で質問も交えながらでしたが、後半はあちこちから、質問や、「自分は温暖化問題に関してこんなことを考えてる」といった意見がたくさん出ました。とにかく、誰でもいろんな媒体にて(全体像はわからなくても)聞いたり感心持ったりしてる温暖化の話ですから、聞きたいことや言いたいこがあるのでしょう。それを、専門家の方含め参加者のみなさんに聞いてもらえた、他の人の意見をもらえた、というのは、サイエンスカフェならではなのではないか、と思ったのでした。話が大きすぎて話題が分散しそうにも見えましたけど、それはそれで、問題は大きくて簡単ではないことを示してるのでしょう。二酸化炭素の発生にもからむゴミ問題ひとつを取っても、分別リサイクルした上で焼却などの処分をするべきか、それとも使わない生活を選ぶべきなのか、両立するとして重点をどちらに置くべきか、意見は分かれるところです。科学が関わっていてもそういった難しさがあるということを、みなさんも感じられたのではないでしょうか。

私個人としては、ある方が「環境問題は南北問題」と言っていたのを引用しまして、温暖化してしまっても技術やお金やがあって適応できる国や地域や人と、そうでない人がいて(先進国と言われる日本国内だってそう)、そういう格差をなくしたり、地域による違いを十分考慮することが重要なのではないかと、そう思ってることをちょっと話しました。温暖化などについて研究されている専門家(理系文系問わず)も、そういった社会の問題を考慮して、気候の予測結果等を示すだけでなく、「より良い社会のためにはこうしなければならない!」という提言を強く主張する方向になっているということで、ちょっと安堵いたしました。もちろんそのためには、専門家に、温暖化に晒される市民の生活をもっと知っていただく必要もあるってことですけど。

温暖化すると恐いことになるから、という脅しによって行動をうながすのではなくて、“より良い社会になるために”という考えでみんなが行動できればいいよね、という感じで、お話はしめくくられました。

本当は、もうちょっといろいろ対話時間が取れれば良かったのにな、というのも率直な感想でしたね。お忙しいようで田村さんはすぐに会場を後にされてしまわれたので、アフターカフェは、残った人があこれこれおしゃべりするといった感じで、カフェ会場にてだらだら(?)続いておりました。

ちなみに、この“サステナの木”。「Q1 次世代につなげてゆきたいことは?」と、「Q2 本当はやめたいとおもうけれど、ついついやってしまうことは?」という質問に対して、来場した方が答えを書けるようになってます。2週間前と比べて、随分と意見の数が増えていました。

高校生ウィーク、4/4(日)まで開かれています。春休みもやってますので、近隣の方、是非どうぞいらして下さい。4/3(土)16:30から、サステナ部のクロスロード大会(景品あり)も開かれるそうですよ。