読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 不機嫌なジーン 第7話

ドラマ

これを書く前に、何人かの方の日記で感想を読んでしまいました。いろいろあっておもしろいです。好きな役者さん目当ての人。内野さんファンて、意外に多いみたいですね。月9の主役(級)をやるには、なんか違う感じって評判もあったみたいですけど、いやいや、年くった王子様であろうがなかろうが、すばらしいじゃないですか。かっこ良さも、演技も。あとは、圧倒的に皆さまお待ちかねのオダギリ氏。すごい人気ですね。何年か前、某所であった研究の講演会のお手伝いに行った時、となりのホールで「オダギリジョー」って書いてあって(来てたらしい)、「それって誰?」ってダンナと話をしたのを思い出します。

とにかく、私の目当ては学校と研究シーン。自分は理系だったけど、生物学の研究には縁がありませんでしたから、あんな感じなんだぁ〜、っていろいろ見てて楽しいです。しかし、仁子ちゃんは何? 学部で英語で論文書いて(スペルミス多数って、スペルチェッカーくらいかけなさいっ)、イギリス(グリニッジ大学!?)に留学し、修士で日本に戻ってきて、研究テーマをあれこれ自分で考えながら論文書いてるって、すごい優秀な部類。来週の2年後、博士課程に進学してるでしょうけど、研究室のメンバーとかどうなってるか、楽しみ。予告で出てた陣内氏は、やっぱりまた新たな研究者、なのでしょうか!?

それにしても、小林聡美さんはいいですねぇ〜。っていうか、神宮寺教授!! あんな研究者なんか実際いないでしょうけど、数学研究に没頭しながらも、オシャレにも余念がなくて。ドラマだから可能なオシャレかもしれないけど、見ててかっこいい! そんな方でも、子供を持つかで悩むところも、なるほどなのでした。

そうそう、教授は「自分のコピーが欲しい」とかさんざん言ってるけどさぁ、生まれる子供は完全なコピーではなく、半分しか似てないのよ。「そんなのわかってる」って言われそうだけど、どこかで読んだけど、数代も経てば、子孫は自分とはかなり違った遺伝子の人間になってる、つまりは、似てなくなるんだって(だから、コピーが欲しいと望んでもそれはその一瞬だけで、どんどん変わるものだっていう話、だったような)。

それに、生ませるのは簡単かもしれないけど、育てるのはものすごい大変なんだって!!!! それを、何? 相手のメスに押し付けて、自分はどっかに行ってしまい、大きくなったら劇的に会いたいだなんて。そんな考えだったら、いくら仁子ちゃんとお似合いだろうとも、まだまだそういう結果なエンドにはなって欲しくないですね。しっかり、きちんと責任持って世話するパパになる覚悟がないと、子供作ってはいけまっせん!

恋愛も楽しいけどさ、その後続く(かもしれない)結婚、出産、子育ては、非常に大変なのよってことまで、動物行動学的にも説明し、それを理解した上でのハッピーエンドにして欲しいな、と、現役育児中の私は、ちょっと(いや、かなり)、思ってしまうのでした。