長文封印

折角の昼寝の最中に長文を書いたものの、だんだん論点がずれてしまったので、封印。無駄なのか、そうでないのか。いいや、どうせまた、愚痴っぽい記述多数だったもの。