弁天池の水鳥たち

水戸市内にハクチョウの飛来地である弁天池という池があることを前から聞いていたので、行ってみました。

f:id:camelopardalis:20180215222909j:plain
私の姿が見えたとたん、水面にいるオオハクチョウたち、熱烈歓迎で寄ってきます。水から上がって休んでいた大量のカモも、我先に飛んできます。驚きです。

ところが。

f:id:camelopardalis:20180215222923j:plain
私が何もエサをくれないとわかると、

「な〜んだ、来て損した。帰ろ、帰ろ」

とばかりに、お尻を向けて全員が去ってゆきます。

それを呆然と眺めながらもシャッターを切りました。
あまりにあからさまだったので心の中では大爆笑。

餌付け、されてるんですね。昨冬の鳥インフルエンザ発生があって、ここも水戸市の公園緑地課の管理下にあるので、公的なエサやりはされてないとは思いますが、ハクチョウ飛来地としては、ど田舎であっても知られたところのようです。

だって、これだけのかわいい鳥たちが、やってきた自分(人間)のことをまるでアイドルか何かのように、我先にと集まってくるんですよ。悪気もなく趣味にしちゃう人がいるかと思うとゾッとします。これだけのカモやら水鳥が集まってるのですから。



f:id:camelopardalis:20180215222944j:plain
なんか、くちばしの色がちょっと違うハクチョウがいました。これはちょっと羽が灰色がかっているので子どもかも。2羽いたので、親子? ハクチョウの数は、ざっと数えて45羽くらいいました。千波湖よりも断然多くで密度も高いです。

f:id:camelopardalis:20180215223024j:plain
私が、エサくれないヤツとわかってても、こんな目で見つめてくるのです。

「お姉さんいい人だから、ボクにだけ、なんかちょうだい」

みたいな。かんべんしてくれよ。


f:id:camelopardalis:20180215223009j:plain
目の赤い鳥、ホシハジロ

f:id:camelopardalis:20180215223103j:plain
とにかく水鳥がたくさん。オナガガモホシハジロ、など。足の踏み場もないくらい。

訪れたのがちょうどお昼時だったのですが。池の隣の駐車場に車が来て停まると、カモたちが車に寄って行くのです。車から降りてくる人がエサをくれるかもしれない、と思ったからでしょう。でも、車の中の人は買ってきたお弁当をお昼ご飯に食べるために車内で休憩しているわけで、出てはきません。それでもカモはわからないから車の近くにいます。

以上、弁天池レポでした。

次は千波湖の近況をまたアップしたいです(今日行ってきたから)。

冬の大塚池の鳥たち

大塚池にコクチョウのヒナがいると知ったので、見てきました。

前にも書いたとおり、水戸市は昨冬の鳥インフルエンザ流行ががあったのをきっかけに、もらった外来種であるコブハクチョウとコクチョウの数の抑制を始めています。具体的には、卵を偽卵に交換するのと、公的な餌やり中止、市民による餌付けも禁止になってます(看板がある)。

cam.hatenablog.com


というわけで、今シーズンの大塚池です。

f:id:camelopardalis:20180215153039j:plain
着いたら、まぁ。鳥たちに歓迎されます。人に慣れている(今も誰かから餌をもらっている)のがわかります。もちろんコクチョウも来ます。コブハクチョウは見かけませんでした。

湖面がちょっとだけ泡立っているのが気になります。水質はけっこう汚いのかもしれません。

f:id:camelopardalis:20180215153317j:plain
秋生まれのコクチョウのヒナ。こんなに大きくなってます。普通、鳥は春に卵を産んで餌が豊富な春から夏にかけて子育てするのですが、コクチョウは秋にも産みます。どうやら、もともとの生息地である南半球での生活サイクルが残っているのではないかという話なんですが、どうなんでしょう。それにしても、餌が足りてるから育つのですが。

f:id:camelopardalis:20180215153059j:plain
そして、渡ってきているオオハクチョウもたくさんいます。昼間は田んぼの方で餌を探しているから池にはあんまりいないかと思ったんですが、それでもこんなにたくさんいました。ちょっと灰色がかった幼鳥もいます。

f:id:camelopardalis:20180215153126j:plain
逆光で厳しいのですが、キンクロハジロのカップル? 頭の羽が持ち上がっているところがおもしろい。寝癖みたい。目が黄色くて人相(鳥相)が悪いところもかわいい。

f:id:camelopardalis:20180215153142j:plain
オナガガモ(めちゃくちゃたくさんいる)とキンクロハジロ。寝癖が短くてポヤポヤなのがメス?

f:id:camelopardalis:20180215153217j:plain
池の奥へ進むと、必死に巣作りするコクチョウを見つけました。冷やかし?に来るヒドリガモ(頭のてっぺんが黄色い)のカップル。

f:id:camelopardalis:20180215153354j:plain
コクチョウ、ダイサギアオサギ。巨大な鳥たちが勢揃い。コクチョウの巣が池の中の方にあるのは、もしかして人間対策かと思ってしまったのですが。

f:id:camelopardalis:20180215153446j:plain
ツグミ。保護色です。水鳥が目立つ大塚池ですが、他にも、ジョウビタキとかモズとかシジュウカラとか、あと上の方にトンビとか、いろんな鳥が見れました。

f:id:camelopardalis:20180215153521j:plain
のどかな池のほとり。昼寝するカモも、喧嘩するやつらも、山ほどいました。


餌付け禁止の看板が新しくなっていた(金属製)のを見つけました。水戸市の今年度の調査費の一部がこれにも使われたのだと思います。

でも、それでも餌をやっている人を見かけました。外国人に見えました。いこいの場になるのはいいのですが(散歩、ランニング、撮影、いろんな人が歩いてました)、生態系とかリスクとか考えられるとよりいいなと思うのですけど、道のりは厳しいのかもしれません。

あと、カモと、あと何か(ハクセキレイ?)の死骸も見ました。ハクセキレイは湖面に浮いていたので、なぜか、野次馬のようにカモがいっぱい集まってました。死んでたカモは羽が死骸の周りに散らかっていたので、鳥インフルとかではなくて、多分、ノラネコとかにやられたのではないかと思います(でも病気で弱っていてそこをやられた可能性も)。これだけ数がいると、こういうのも見かけることになるでしょうが、いろんな可能性も頭に置いて、気をつけるべきなのでしょうね。

バレンタイン頃の子どもの話

今週のお題「バレンタインデー」


多分、去年か一昨年のバレンタインの頃の話です。

うちの子ども(男子)が、同級生の女の子から告白されたことがあったそうです。といってもまだ小学生だし、お友達の延長みたいな感じなのでそんなに真剣な話ではないんですけど。

うちの子はその子に特別な何かがあったわけではなく、ただのクラスメイトだったので「お友達で」みたいな感じでおつきあいとかお断りして、それはそれで終わった話でした。

親としては自分ちの子のことをそういうふうに見てくれる子がいるということだけで、「子育て間違ってなかったぜ!」みたいなありがたい後押しになってそりゃもう嬉しかったのです。


が、この話に続きがあって。

告白してきた子(仮ににA子とする)は、しばらくして、別の同級生のスポーツマンBに告白したとか。急な心変わりに、これも小学生の(真剣さがない)話だからそんなもんかと思っていたら。

Bくんと交際しているとかいうC子(たまに、友達連れで一緒に近所をぶらぶらしているのを見かけてた)がうちの子に

「なんでA子を振ったのよ!!」

と怒ってきた。

「あんたが振ったから、A子がBくんにちょっかい出してきたじゃない! あんたのせい!!」

という理論らしいのです。


なんでそんな言いがかり。いや、本人(うちの子)関係ないし。というか、じゃぁどうしろって?? でも、その思考がさすが小学生。


今じゃ環境も変わったし、友達関係に亀裂があるわけでもなく、上記登場人物の関係はなんともないみたいですけどね。本人たちはとっくに忘れてるかも。


全く、子どもとお友達、ネタ豊富です。


f:id:camelopardalis:20180211093158j:plain
2011年バレンタインにもらったチョコの写真。ほぼ、友チョコ。ピントは上の人物(トリミングした)に合ってるのでボケボケですが。

ちなみにこの直後にインフルにかかったのでした。