iPhoneとX-T20、撮ったものを並べてみる

最初にお断りを。

全く考察にも何もなってませんが(カメラのことの勉強がまだなので)、同じ被写体をiPhone5sと、X-T20で撮影したのを比べてみたかったので、並べてみて印象を書いてるだけの記事です。
基本、全部オートです。

放射状層積雲(多分)

夕暮れ時、赤く染まった放射状の雲。層積雲かと思うけど、違うかもしれません。

f:id:camelopardalis:20180116112931j:plain
IPhone5S ISO40 F2.2 1/30

f:id:camelopardalis:20180116112959j:plain
X-T20 ISO200 F2.8 1/58

iPhoneの方が青みが鮮やかなのに対して、X-T20が赤みが鮮やか。時刻の差もあり全く同じ明るさのものを撮ったわけではないですが、iPhoneで撮るといつも青空がすごい青いというのは感じていたので、こんな感じなのかもしれません。

幻日

太陽の右22度のところに現れるものです。やっと見れました!

f:id:camelopardalis:20180116113012j:plain
iPhone5S ISO40 F2.2 1/3699

f:id:camelopardalis:20180116113026j:plain
X-T20 ISO200 F7.1 1/1600

ちなみに、両方とも下の街並みを消すべく(バレるから)、適当にトリミングしてますので、画角とか構図とかあんまり意識しない写真を出してます。

今度はX-T20の方が空が青いとは。

iPhoneの方が明るいからなのか白い雲までゴチャゴチャ見えちゃってるのに対して、X-T20の方がスッキリしていて、かつ、下に見える雲の赤みを帯びてる様子もキレイかもしれないと思うところです。どうしても太陽に向けるので(位置関係とか写し込みたいから)、ゴースト出ちゃうのはしょうがないんですけど。


結局よくわかってないのでよくわからない文章ですが、思い付いた時にカメラ持ってこんなことをやってるというブログなのでこのへんで。徐々に勉強します。iPhoneの方がすぐにSNSにアップできるから便利ということには変わりないのですが。


あと、自分で撮ってから

雲を愛する技術 (光文社新書)

雲を愛する技術 (光文社新書)

の本で探すという方が、自分の記憶に残りやすいようです(というか楽しい)。

2018年の抱負

今週のお題「2018年の抱負」

cam.hatenablog.com
昨年もお題で書いていたし、今年も書いてみます。

自分が勉強する

子どもがそういう年頃なものですから、出てきた成績を気にしたり、「勉強しないと」みたいなことは言ったりしちゃってるのは例にもれずなのですが。

所詮は子どもは自分じゃないし、子どもの成績がどうだからってだから自分がスゴイとかダメだとかそういうことではないとは重々承知でもあるので、自分が「勉強が大事」だと思うなら、自分が勉強したいなと思うようになってきました。もちろん、本を読んだり興味あることに新しくチャレンジしたりはしてます。でも、もっと、いわゆる勉強らしいことをしたいなということです。

具体的には、検定関係。自慢できるレベルではないのでしょうけど、まずはチャレンジです。思い立ったが吉日で、つい先日に申し込んでしまいました。なので今からやります。

病気を治す(放置しない)

自分も家族も、昨年はちょっとした不調に悩まされた1年でもありました。継続して通院しているものも、これからちゃんと医師の世話になろうということも含めて、病気や不調は放置しないで向き合って治す方向に持ってゆくことを続けたい年にしたいです。

カメラを使いこなす、写真を整理する

多分、昨年の春くらいからは「ミラーレス一眼レフ欲しい」ってなってかなり検索してたような覚えがあります。で、6月にX-T20を購入。でも、まだ使いこなせてません。この記事に何の写真を貼ろうかと思ったのですが、ボツにしたいけどできない(=こんな写真撮りたいけど満足できてない)写真を2枚ほど。

f:id:camelopardalis:20180106103750j:plain
近所に来たイソヒヨドリ。遠いんです。でも今のキットレンズじゃこれが限界(コンデジだって多分この程度)。かといってでかいレンズには手を出せないし。こういう写真が撮りたいのかと思えば。

f:id:camelopardalis:20180106103802j:plain
キンクロハジロ。今度は近すぎてピンボケ。いい表情してるんですけどね。

こんな写真も量産してますが、今年も向き合ってゆきたいです。ボツは処分し、保管方法も考えます(とここ何年も言ってますが)。


今年こそブログ30記事(50記事?)

で、今年こそブログ記事を増やしたい!

収入もアップしたい

でも、バイトも増やしたい。仕事の話はあんまり書いてませんが、気づいたこととかもあるのでそのうち。ただ、バイトが忙しい時期は、どうしてもブログに向き合う時間が足りなくて。


と、こんな感じでしょうか。今年も新しいことにはどんどんチャレンジしてゆきたいです。

大洗へ、初詣とガルパン

初詣へ大洗へ行ってきました。もちろん初詣が主目的でしたが、もう一つの目的は、Ⅳ号車(列車の方)に乗ることです。一緒に行ったのは上の子とそのお友達。私を入れて3人です。

f:id:camelopardalis:20180104153010j:plain
鹿島臨海鉄道ガルパンラッピングⅣ号車。12月にお披露目になった、劇場版最終章に合わせたものです。

ちなみに、のっけからこれを撮りながらホームでコケまして。それでも何食わぬ顔をして撮ってました。カメラの練習にもと思ったのですが、車両がホームに入っちゃうと暗いし逆光だしで、細かな設定まで考えてる余裕ありませんで、終始こんな感じの写真です。

f:id:camelopardalis:20180104153020j:plain
一緒に行った二人は最終章の第一話は映画館で見てるのですけど、私は見てません。でもある程度のバレは見聞きしてるし別にかまいません。このサメさんチーム気になりますねぇ。

どうでもいい話ですが、このチームのムラカミさんというガタイのいい女の子が知り合いのママさんに雰囲気が似てるということで(子どもと)盛り上がっていたりします。元海保勤務じゃなかったでしたっけ?その方。なので益々。

f:id:camelopardalis:20180104153030j:plain
車内もこんな感じで装飾がいっぱい。この後、大洗に着いたらギャラリーにも寄ってみて、同じシールが売ってるのを知りました。

大洗駅に着いたら神社までの茨交の無料シャトルバスに乗ろうと思ってたんですけど、ちょうどお昼時はお休みで。なので歩いてガルパンギャラリーに寄ってグッズ買ったりして、その後に商店街をぶらぶらして神社を目指します。

f:id:camelopardalis:20180104153044j:plain
さすがに2日だと開いてるお店も少なくて。でも、ウスヤさんがやっていたので、そこで一休み。戦車も見せていただきました。好きだからいろいろ見たいくせにシャイな子どもたちに声かけてくださって本当にありがとうございます。

f:id:camelopardalis:20180104153057j:plain
神社に到着。階段下まで列が続いていましたが、比較的スムーズに進みます。混み方の印象にもよりますけど、「熱田神宮に比べたらたいしたことない」とは子どもの話。

f:id:camelopardalis:20180104153133j:plain
海も見えて嬉しい。けっこう荒れてるみたいです。また石拾いとかしたい。

f:id:camelopardalis:20180104153112j:plain
ガルパン絵馬もありました。自分で絵を描くまでの画力はないので、絵馬奉納はしないでいろんな方のお願い事を見てまわります。

f:id:camelopardalis:20180104153153j:plain
で、帰りは、2、3号車の連結のに乗って帰ります。ちなみに私は(強いて言えば)桃ちゃん推しです。2号車はたまに水戸駅ホームで見かけてましたが、3号車はあまり見たことなかったかも。


と、初詣だかガルパンだかよくわからない記事になってしまいました。


何年か前、放映開始されてしばらくして、子どもがガルパンにはまっていたのはもちろん知ってましたし。大洗にパネルが立った後も何度か訪れて、「これはすごいな」「町全体が心から応援してる!」「よそでは真似できない成功!」と感じてはいました。

で、遅ればせながらようやく昨年夏くらいから撮りためてあったテレビシリーズをポチポチ見始めました。大洗の町の描写に「知ってるところがこんなに出てる!」となるのはもちろんですが。「戦車を丁寧に描きたい」とい熱意がバンバン伝わってきて、「これは本気だ!」と思ったものです。最後の対黒森峰戦では、見ていて酔うかと思ったくらい。劇場版もDVDで見ました。

そんな時、クリスマス駅前イベントで縁あって自分の所属するビッグバンドでガルパンの曲をやることになり。バンドで一番ガルパンに詳しい私(にわかだけど)があれこれ調べたり語ったりして、結果、「サッキヤルヴェンポルカ(リズム隊のみ)」と「戦車道行進曲(抜粋)」を練習し、23日に披露しました。


ここまで来ると、「はまった?」と言われるような領域かもしれませんが、そんな、詳しいファンのみなさんに比べたらまだまだ。戦車もよく知らないし。

ただ、各高校(国)の特色が出ている音楽はある程度わかってきました。せっかく練習したんだし、また機会があれば演奏したいです。そんな機会あるかな?