読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春になったので千波湖と大塚池に行ってきた

この冬に鳥インフルエンザが発生した千波湖と大塚池ですが、野鳥の監視区域が解除された3月中旬と、それからこの5月、行って見てきたので、写真たくさんでご報告します。

cam.hatenablog.com
cam.hatenablog.com


3月の千波湖

3月、監視があけた梅まつり期間中の3月中旬に見てきました。

f:id:camelopardalis:20170512115500j:plain
コブハクチョウとコクチョウ、相変わらずいます。「道路に餅が落ちてます!」とかいうツイートを見たことがあるのですが、まさにそんな感じのコブハクチョウ。けれども、インフル前に43羽いたうち7割が死んだので、13羽が残りということになります。この日は、数羽くらいしか見かけませんでした。本当に少なくなってしまいました。

f:id:camelopardalis:20170512115506j:plain
オナガガモのカップル(?)とオオバン。寒いのでまだいくらかカモ類とかいます。以前の、餌付けし放題の時の水鳥の密集度をよく知らないのですが、まばらな感じではあります。

f:id:camelopardalis:20170512115512j:plain
顔が茶色で頭のてっぺんが黄色い、ヒドリガモなど、人間などおかまいなしにウロウロ。

f:id:camelopardalis:20170512115645j:plain
オナガガモの隊列。

f:id:camelopardalis:20170512115657j:plain
そして、まだまだ寒い3月だったのですが、コクチョウが巣づくりしてました。多分、抱卵もしてるのでしょう。この日たくさんのコクチョウがいたのですが、人間にすり寄ってきて「エサくれよ!」っていうヤツはほとんどいなくて、みんな、自分でのエサ探しに忙しいというふうに見えました。


5月連休の千波湖

連休でも遠出できないし、近場の様子でも見に行くかと思ったら、とんでもない混雑の千波湖でした(特に西側)。

f:id:camelopardalis:20170512115748j:plain
親水デッキはこんな感じです。鳥のエサやり禁止看板ありました。その効果なのか、とりあえず、鳥にエサやりしてる人は見かけませんでした。さすがにみんな守るようです。でも、子どもとかは水鳥に近づいて行きますよね。

f:id:camelopardalis:20170512115805j:plain
湖を一周しましたが、とにかくコクチョウ天国。コクチョウの巣が10個くらいありました。コブハクチョウが減って、勢力図が一変したような感じです。

f:id:camelopardalis:20170512115827j:plain
卵が見えました。偽卵があったかどうかまではわかりませんでした(というか素人が見てわかるものなのか?)。

f:id:camelopardalis:20170512115854j:plain
そして、もう生まれてます。このカップルには1羽だけだったようです。そりゃ、モフモフでかわいいんですけどね(ちゃんと飼い鳥として扱ってもらえれば)。

f:id:camelopardalis:20170512115911j:plain
白いのいた!と思ったら、ダイサギなのか、チュウサギなのか。羽がボロボロなように見えたのは、生え変わりの時期だからでしょうか。

他、冬にいたカモ類はだいぶいなくなくなって、アイガモかそのへんのが残るくらいです。

f:id:camelopardalis:20170512115934j:plain
餌付け禁止の看板は、左右の「鳥インフル発生中」が白く塗りつぶされていて、この冬に設置したのをそのまま使っているようです。湖のあちこちに立ってました。もう、あんな大変なこと(鳥は次々に死ぬし、養鶏場は気が抜けないし)はごめんこうむりたいです。


5月の大塚池

大塚池、国道からちらっと見ることは何度もありましたが、初めて、一周してみました。

f:id:camelopardalis:20170512120036j:plain
ここもエサやり禁止看板あります。千波湖と同様です。

f:id:camelopardalis:20170512120102j:plain
鳥インフル発生時に置いたものなのでしょうか。当時twitterの投稿などで見てたフェンスがあります。ただし、出入り口は開けっ放しのところもありましたし、そもそもこのフェンスは池の南東側にしかありませんでした。

f:id:camelopardalis:20170512120226j:plain
「白いのがいる! コブハクチョウか?」と思ったら、はぐれハクチョウ(オオハクチョウ?)でした。何の理由があるのか、北に帰ってないようです。シャックリみたいによく鳴いていました。

f:id:camelopardalis:20170512120250j:plain
隣接する公園の木にいた、多分エナガです。カップルでしょうか? かわいいのに、尾と腹しか見えません〜。

f:id:camelopardalis:20170512120315j:plain
この日は暑かった! 水につかるキジバト

f:id:camelopardalis:20170512120356j:plain
とかやってたら、コクチョウがいました。でも、1羽だけかなと思ったら…。

f:id:camelopardalis:20170512120423j:plain
巣がありました!! 千波湖に放したはずの外からのもらいものの鳥が、こうして別の場所でも増えてゆくということですか。もちろん、市の方は大塚池での繁殖も確認してるとは思いますけどね。

f:id:camelopardalis:20170512120413j:plain
雲間からの光芒を撮ろうとしたら、多分、アオサギ。別に、外から鳥を連れてこなくても、こうして誰もがわかるサイズの大きな水鳥は来るんですから、そういうのを楽しめばいいと思うのですけどね。


ちなみに

ちょうど1年前の千波湖の様子の記事を。
cam.hatenablog.com

まさか1年後にはこうなっているとは。いや、ようやく対策開始です。

togetterまとめには、解除以降の動きや、偽卵の話についての反応なんかもちょこっとだけまとめてます。
togetter.com

写真の整理(3)

写真の整理に手をつけたいと思いつつ、一進一退(総数が減ったり増えたり)が続いておりましたが。

cam.hatenablog.com


少し進んだので現状を書いておこうかと思いました。

プリント写真

子どもが生まれた後、フィルムをたくさんもらっていたこともあって、フィルムで子ども写真を2年くらい撮ってました。それらが、ピンボケも重複も含めて264枚入りのアルバムに全部入れっぱなしだったので、そこからいらない写真をより分けて処分し、無印良品の3段ポケットがあるアルバムに入れはじめました。

「見開き12枚」のタイプにしなかったのは奥行きがありすぎるのもどうかと思ったのがあります。あと、12枚で1ヶ月といった区切りにせず、ちょうど2年分で3冊組が終わりました。残したのがちょっと多すぎかもしれませんが(3冊で約400枚)、まぁ、赤ちゃんの頃で変化もめまぐるしかったので、このくらいでよしとします。

プリント写真の中に、たまに、ハガキサイズでプリントしたりもらったりした写真もあったのですけど、それはトリミングし、いらないところは切り落としてしまいました。そうすればL判用で全部入ります。

デジタル写真

この3月、いいかげんいろいろ使いにくいので、意を決してOSをアップデートし、写真管理もiPhotoから写真アプリになりました。移行はスムーズに行きましたが、iPhotoの日付分類をアルバム名に書き換えて管理してたのが無効になりつつあり(検索できますが、アルバム数は膨大に)、全体に慣れるまでにしばらくかかります。

現在の枚数はおよそ13000枚。上の記事の頃に比べたら随分減りましたけど、正直、まだまだボツ写真がまぎれこんでます。写真はデータだと言っても、明らかにボツなのは容量も圧迫してるので捨て続けます。とにかく昨年は撮りましたから増えたし。

とりあえず、写真整理として大事な年月日による分類はアプリが勝手にやってくれるので、捨て作業とともにやるのは、キーワード入れでしょうか。本当ならば撮ったらすぐにこの2つの整理仕事はするみたいですが、自分に習慣づけたいです。

あと、自分として使いやすくするためにやったのは、年度でスマートアルバムを切っておくことです。子どもがいると、行事サイクルはどうしても年度で決まりますし、うちとしては4月始まりが都合が良いのです。

と、こんな感じです。プリント保存(中途半端、フォトブックも作りたい)とか、クラウド保存、それに、動画をどうするかなどは次の課題です(今はまとめてハードディスクにバックアップ)。




f:id:camelopardalis:20170505151528j:plain
最近、雲の写真を撮ることが増えました。

これは、昨日のです。北関東などで環水平アークが見えたそうですが、写真の真ん中あたりに見えるこれも。そのすごい薄いのかもしれません。洗濯物を干そうと外を見たらこれが見えて、慌ててカメラを持ち出しました。

これ、トリミングこそしてますが、色は補正かけてません。この程度の空の変化でも、見逃さないようになってきたということでしょう(そして写真が増えるわけです)。

補正かけるとこんな感じ?

卒業対策委員会のDVDの話

2度目の卒業対策委員長仕事が終わりました(まだ引き継ぎが残ってるんですが)。

時節柄、新しく委員になった方が検索していらっしゃるのか、卒業対策委員関連のブログ記事が今のここのアクセス上位のようです。

cam.hatenablog.com

cam.hatenablog.com

うちの子が通う学校でやってきたことは、基本的にこれまで書いてきた記事のとおりなのでそちらを見ていただければと思うのですが。私自身が(実は)力を入れてきた記念DVD作りについて、ちょっとだけ書いておこうかなと思います。

検索してみると、いわゆる卒業アルバム(写真集や文集)の他に、 卒業記念のDVDを作っているところ、やっぱりありますね。卒業式そのものの撮影がメインになるでしょうが。作り方や内容については、卒業学年になってから業者に適宜入ってもらって撮影して編集の「今からスタートで全部お任せタイプ」から、それこそ、動画素材集めも編集も、子どもの枚数分コピーなども全部(得意な)保護者の手でやっている「完全手作り」なところまで。さすがにうちのところはそこまでできないので(私もできない)、この中間タイプでした。

素材に関しては、式とは別に、3学期に1日だけ動画撮影に入ってもらいました(活動や給食、レクの時間の動画など)。あとは、子どもたちの過去写真を集めて選んでのスライドショーです。

動画撮影に関しては、給食を食べてる風景だけ撮ってもせいぜいカメラの前でピースくらいしかしてくれないので、スケッチブックをカンペにして「食レポして!」などなど書いて持ってまわって、なるべくしゃべってもらえるように工夫しました。また、昨今は「将来はユーチューバーになりたい!」と言う子や、言わなくても夢中になってネットの動画を見まくってる子はたくさんいるので、ここはどうせ同級生しか買わないDVDなのだから、「安心して、自分がユーチューバーになったつもりで好きにしゃべって!」ってお願いしてそれぞれやってもらいました。実際は真面目に話す子も多かったのですが、ネタの選定から始めて、いかに、カメラの前で短時間で話すのが難しいかわかってもらえただろうし、将来の良い練習になったのではないかと、そう思ってます。

写真選びもけっこう楽しかったですね。そりゃもう下手すると何千枚も写真があるのでめちゃくちゃ大変なのは当然ですけど。一方である学年は使える写真がなかったり(あったとしても、何かのために先生によって加工、サイズ縮小してあってテレビに写すには足りないなど)して、手持ちなどからかき集めたりしました。結果、編集という過程を経て厳選されて、何の時なのか状況がわかるもの、良い表情のもの、変顔オモシロ写真等々、思い出になるものができたのではないかと、そう思ってます。

よく、卒業アルバムなどに関しても「全員の子が平等に写っているように全部数えた」なんて話を聞きますが、それはしませんでした。懇談会などで話して了承を得てましたし。このあたりのことは、多くの保護者が、自分ちの子だけでなく自分の子の友だちもかわいい(成長が楽しみ)、と思ってくれているからではないのかなと、そんなふうに思います。少なくとも私はそうです。

最終的な編集作業は、撮影してくださって業者の方にお任せしました。途中の、編集後が間違ってないかの確認作業も大変ちゃ大変なのですが、ここを間違うと(名前とか)とりかえしがつかないので、この部分は自分の責任で慎重にやります。

多分、他にここまでする人はいないので(結局ほとんど私がやった)、この作業も今後は引き継がれない(簡素化される)のではないかと思いますが、どうでしょうね。卒業対策委員会と一口に言っても、学校によって違うだけでなく、その年に役員をするチームの考えや、メンバー個人個人の考えや価値観にもよるのだと思います。違っていいと思います。

期待されちゃって「進学した先の学校を卒業する時に、また何かやってよ」と言われることがあるのですが、多分もうしません。だって短いじゃないですか。

役員になったみなさん、ご無理のないように。やりたくない活動はやめて、やりたいことだけやりましょう(余った予算は返してOK)。


f:id:camelopardalis:20170427131124j:plain

DVDじゃなくって、同じ円でもハロの写真。4/12撮影です。こんな感じで空を撮ることも増えました。