読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイエンスカフェを終えて

日常

こちらの更新がほったらかしでした。

まずは、カネコさんのブログから来られた方、たいした情報なくてすみません。

ただ、サイエンスカフェ水戸として放射能放射線を扱ったのは事実でして、そちらのご報告はこちらに書いてあります。

「『もっとわかる放射能・放射線』を読もう」 ご報告 : サイエンスカフェ水戸

実際は、会場にてあそこに書いてある以上に質問もたくさんあったし、個人体験、個人的に聞いた話などもあったのですが、確実でない情報も含むものもありますので詳しくは書いてありません。

個人的には、このために多少なりとも準備したつもりでした。さらに、終わった後に別のところで資料を見つけたり、「もっとこういうふうに説明できればよかった!」なんていう反省点だってざくざく出てきました(それで凹んだりして)。準備したり考えたりした経過を多少つぶやいてきたみたいですが、あまり役立つことは流してなかったかもしれません。慎重派?

とりあえず次回はまだ未定ですが、今回参加できなかった友人が「個人的(数人規模)に」ということで、また話題にする予定はあります。

というのを5/13に行った翌週は、たまった家仕事片付けに費やし、なのに21日には風邪ひいて熱出すしで、あまりまとまった仕事(書き残し? 次のイベント準備?)ができてません。

他にも、過去にさかのぼりますが、3月末まで必死にやってきた謝恩会、そして何故か今年はPTA広報担当と、もうかりもしないのに仕事を引き受けまくってます。そのへんのこと、やった仕事だけでなく気付いたことなどもここに残したいのですが、まとめる方よりあっちの情報収集に目が行ってしまってるそんな毎日です。

そう、なんでこういうふうに幼稚園だの小学校だのの仕事を引き受けてくるかって、それはもちろん、あれだからなんですが、榎木さんの本が受賞されたのにやっぱり書けないのは、言えない環境下にいるからかもしれません。と、ここでこっそり「おめでとうございます」とつぶやいておいて、受賞のお祝いとさせていただきます。本当にスミマセン。