読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四天王寺で天体観望会(追記あり)

天文

「七夕のゆうべin四天王寺」というイベント内の、天体観望会のお手伝いに行ってまいりました。地元向けメディアはもちろんのこと、ネットに出てるものだと、Yahoo朝日などにイベント開催告知の記事があります。

七夕イベントなんだからお客さんに星を見せたいということで、イベント実行委員会から話が行ったのが、兵庫県西はりま天文台公園。そこから、「当日お手伝いに来てくれる人募集!」という話がまわってきて、大阪在住ということで、行ってみることにしたわけです。


なつかしー(キャラの絵が。昔さんざん描きましたとも)。でも、私がいた時はこんな車なかったよ!!
(ちなみに今回、デジカメが壊れたので携帯でこの程度くらいしか撮影できませんでした…orz)

集まったのは20名程度(西はりまの友の会会員さん、星のソムリエ受講された方、K大とO大の天文サークルの方など)、望遠鏡は、この車で西はりまから来たのが約10台、他に個人で持ち込みしてくださったもの数台。それらを使って観望会を行いました。

梅雨だというのに雨にならなかったのは良かったんですけど、やはり雲が多く、みなさんがんばりました! 七夕ということで、織姫星のベガ、彦星のアルタイル、うしかい座アークトゥルス、の他、観望会開始直後頃には月、土星、暗くなってきてからは木星も、望遠鏡を使って見てもらいました。

私もこんなの久々、しかも、退職して以来ほとんど望遠鏡を操作したこともなく、いくらか手こずりましたが…。昔取った杵柄っていうんでしょうか。思った以上にしゃべれたし、動けた気がいたします。このね、お客さんの喜んでる顔を見ると本当にこちらも嬉しいんです!

お客さんの正確な数はわかりませんが(後で主催者から連絡があるかもしれません)、1000人は来てないけど、500人は確実にこの観望会コーナーを通過したそうです。でも、もう、こんなにたくさんの人に星を見てもらうなんて、在職中にもほとんど体験しなかったかもしれません。普段はサークル内で興味のある者同士が集まって観望会をする程度だった学生さんも、他のたくさんの人に見てもらう、説明する、わかってもらえる、という体験が初めてだったらしく、多少興奮ぎみに喜んでたのが印象に残りました。

【追記】
一緒に観望会のお手伝いをしました、K大学生さんのブログに私の後ろ姿の写真が出てました(こちら)ので、そちらの記事へもどうぞ(^_^;)