読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遺伝子組換え作物、の問題

そして、今度の3回は、そう、GMO(遺伝子組換え作物)の問題についてでした。レポートにならないような、私の背景(無知丸出し)と雑感しか書いてませんので、CoSTEPがらみで来られた方、何も期待しないでくださいぃぃ〜。


これも〜、前回と同様、大変難しい問題&お話でした。3回とも違う先生で、ご専門分野もいろいろだったわけですが、決して、「遺伝子組換え」の科学について扱ってるのではなく、どう聞いても、ほとんどが、農業をめぐる世界の問題、国内問題。この講義は、政治経済!? 2回目なんて、もう、講義聞き終わったところで倒れそうなくらいでした(実際、家族が寝静まってから聞いたので、終わった後にふとんに倒れ込んだ形に…)。

科学技術と社会、とは言うけど、社会とは、実際の私達の普段の生活、身近な部分、というだけでなく、一方で、政治問題、経済問題、世界情勢、地方行政、などなど、になるんですね。いやぁ、科学技術コミュニケーターは、理系だからとか、自分の何かの専門分野にのみ詳しい(それしか知らない!?)というのでは、勤まらないなぁ、と、つくづく思いました(実際、天文台に勤めてた時でも、天文の研究やってたということで採用されましたが、現場に入れば、接客や運営、地方自治関係で知らなければならない「社会」なことはたくさんでした)。

それに加えて、単に「科学はこんなふうでおもしろいんですよ」では、所詮知識を与えるばかりであって、実際に私達の暮らす社会を、科学の力でこういうふうに良くしたい、という思いがある時、科学の成果を社会のシステム(行政とか)にちゃんと組み込んでやってもらわないと、本当に暮らしが良くなる(豊かになる)わけではないのだなぁ、とも。そのためには、政治とかの力が必要なわけで、そっち方面のしくみや何やらもたっぷり知っておく必要があるということも、身にしみました(別に、全員が全部知る必要はないですが、複雑にからみ合っていることは知っておかないと!)。

さてさて、前回のリスクと心理学の話でも書きましたとおり、私(んち)は、超がつくくらいのリスク嫌い。当然、遺伝子組換えなんて、聞いただけで逃げそうなタイプです。実際、表示を見て買わない側でした。それが、自身のリスク回避とともに、なんだかよくわからないもの、体に悪そうなもの、環境破壊しそうなものをやめたい、という、世間(?)に対する意思表示にもなってたつもりでいた感じです。

しかし、講義を聞いてまず最初に気付かされたのは、「そういえば、知らない間に作られ、輸入され、混入され、表示もいいかげんで(5%以下混入ならば「不使用」と表示しても良いという)、そんでもって、口に入っちゃってるじゃない!」という、「何もかも知らない間に」という事実です。そういえばそう。導入前に論争になってたっていう記憶がありません。知らない間に決められていた、という事実。なんだかムカムカしてきました。こんなに身近で大事なことなのにぃ〜。

その他にも、「農薬企業が種の特許を」とか「食料不足を解消するという目的なのに、そうなってない」とか、ん〜、まぁ、書いたら講義内容全部になっちゃいますが、その、社会や世界状況についても知らなかったことだらけ。あぁ、私って、一体何を知ってて「不使用」を選択してたのでしょうか? その選択がどうかというのではなく、バックグラウンド知識不足、つまりは、自分の選んだ道の理由の貧弱さに、唖然とするばかり、なのです。

さらには、もっと、科学者側の、「食べても大丈夫」という根拠や、今後、どんな新しい品種が何の場面で使われるのが期待されるのか?(医薬品とか、つまりは、リスクもある程度承知で使うべき場面があるかも)、などなども、聞いてみたいと思ったりして。これってすごい変化ですよ。

というわけで、講義を聞いて私もだいぶ意識が変わりました。「不使用」「不分別」の表示の裏には、こんなにたくさんの意味・背景があった、ということを。そして、自分が何を知り、その上で、食の何を選択・行動するべきなのか、ということを。

私がこんなに(?)「知らなくてアホみたいだった、知って良かった」と思ったんだから、食や環境に関心を持つ主婦のみなさんにも、知らせたい、と思うのは、私の一時的な思い込み(熱?)でしょうか? 先生の講義は、難しい言葉や表現も多く、多分、普通の主婦のみなさまにはとっつきにくいでしょう。それらの情報をかみくだいて話すのも、コミュニケーターの仕事でしょうし、もう、実は、誰かにちょっと話したいなぁ〜、とか思うこの頃だったりするのです(でもって、恥をさらしながらもここに書いてますが)。

北海道の新聞だったら、それなりの頻度で遺伝子組換え作物の話題が扱われるようですが、大阪にいては、ここまで知らない間に流通しちゃってるものの情報を、ほとんど目にする機会もなく…。

新聞だったら、生活面じゃなくって、経済や世界のページの話題に近くもなるけど、興味持ってもらえるでしょうか?(>こちらをご覧の主婦のみなさま)