読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ケロロパンフレット


上の子がケロロ軍曹が大好き、ってことは前に書いたことがあったかと思いますけど、今日、話題の(?)映画を見てきました。子供二人連れて。

あ〜、おもしろかった〜、ゾロリ先生が。(!?) ゾロリは初めて見たんです。

二本立てで最初がかいけつゾロリだったのですが、ストーリーにむちゃくちゃなところがあっても(なぜ鼻毛?とか)、テンポの良さ、動物キャラクターの親しみやすさ(絵本の世界からに通じるものがある、っていう感じがしたのは私だけ?)、あと、山寺宏一さんの声の良さ、などなどがからみあって、夢中で見てて、なんだかあっと言う間でした。もちろん、ファン(何の?)サービスもあったりなんかして、笑えたし。上の子も帰宅してから、「イシシとブタシ*1がドクロで野球してたねぇ〜(笑)」などと、思い出し笑いをしてるほどです。

トイレ休憩をはさんだ後のケロロ軍曹。実は、こっちも普段のテレビは子供が見てる横で晩ご飯の支度なんかしてるので、ちゃんと見たことはほとんどなかったのです。改めて、オタク心をくすぐるおもしろいお話だと…。やばいです。見ればはまってしまう…、と、さけていたのに。映画でどういうヤツラなのかしっかり学んでしまったから、「ケロロってなかなかかわいい子じゃないの」とか思い始めたりしたりなんかして、これでは〜、あぁ〜〜。子に代わってグッズを集めそう?

けど、折角の映画ケロロも、キルルの攻略方法がわかったあたりで、だっこしてた下の子があきてきて騒ぎはじめ、お茶をあげたりしてごまかしてたから、クライマックスを思いっきり楽しむことができませんでした〜。こればっかりは仕方ないです。

上の子は、すっごく楽しみにしてたケロロ軍曹、それなりに楽しめたようですが…、やっぱり怖いのはキライみたいで、途中、パンフレットで顔半分をかくしたりしながら見てました。一応は、おもしろかったとは言ってるんですけど。やっぱり、「君にジュースを買ってあげる」がかからないと、ノリノリになれないのかもしれません。

というわけで、ケロロのパンフレットを買ってきたので、早速作らされました。写真です。

*1:違います。本当はノシシです!