読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりに見たドラマの話でも

ドラマ

義経 一ノ谷の奇跡

感動してしまいました。映像がなんといってもかっこいい! この場所って、兵庫県だったんですね。全然知りませんでした。別に滝沢くんのファンでも何でもないけど、つい、あの赤くて美しい鎧姿で飛び回るのにくぎづけになってしまいました〜。テレビ雑誌とかにある他の役者さんのインタビューで、「滝沢くんは義経にふさわしかった」というような肯定的な話が載ってるのを何度か目にしたのですが、今まであんまり動きもなく、セリフにも無理な力が入ってそうで、そうなのかなぁ〜と思ってたのですが、今回でなんだか納得いってしまいました。

義経郎党といえば、駿河次郎役のうじきつよしさん、つい出ていると見てしまう俳優さんなのですが。主役級はあまりなくても、いろんなドラマでいい味の演技するなぁと思って。記憶にあるところでは、やはり大河ドラマ北条時宗」の「竹崎季長」とか。あと、とってもびっくりしたのは、この冬に見てた「金八先生」のしゅうくんの父役とか。どうでもいいですが、最近になって(育児してるとつまんない情報が入らないのよ…)「サンデープロジェクト」の司会をされてるとかで、一瞬見たのですが、それはちょっと…、変な感じ。

平家のみなさんも、子供に邪魔され、中断しながらやっとやっと見てると誰が誰やらさっぱりだったのですが、関係や特徴が見えてきて、だんだんと愛着というのかな? がわいてきたのですが。阿部寛さんとか、清盛亡き後、戦の場面が多くなってきて、すごい貫録です。でも、この方々も滅亡へと行ってしまうのですね。悲しい。そういう意味では、義経だって最後は悲劇に…。見てられないかも。

電車男

今シーズン、これを見ることにしてしまいました。最初の秋葉原のシーンで頭くらくらしましたが。といっても、別に秋葉系が変というのではなく、映像の切り替えが激しくて、体に悪いんじゃないかと思ったのが理由なのですが。

原作も映画もマンガもまとめサイトも見てませんので、これがデビューです。伊藤淳史さん、義経でも出てますが。あんまり、おとなしめのアキバ系ではなく、私から見るともともと熱血系のような印象なのですが。でも、不運な男を見事に演じてましたね。もちろんドラマの演出だからこそなのでしょうが、あんなにつらい人が実際にいるかもしれない今のこの世の中、おかしいんじゃないかとさえ思えてしまいました。

ネットで見守る人々の様子も少しかいま見えるし、「お話として」これから楽しんでゆきたいです。子供が邪魔するので、(もったいないけど)細かいポイントは見逃すでしょうが。