読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中学生(?)バトン

いつもコメントくださるしいたさんのところにあったのを、いただいてきました。 バトンものはあんまり書いたことないんですけど、私が天文やってるルーツがここにあるので、少し昔話でも。1.中学生時代のあだ名を教えてください。 ○○っちゃん。「っ」が付…

ボウケン学校での授業

今日の放送。ボウケンジャーに敵対する組織の一つ、ダークシャドーが冒険家養成学校を作ったので、そこに、ボウケンジャーの蒼太(ブルー)と菜月(イエロー)が入学して生徒になりすまし、何をたくらんでいるのか探る、というところからスタートしました。…

天文学会@九州国際大

家族そろって、日本天文学会の年会へ行ってまいりました。ここは、簡単に言えば、日本中の天文学者が集まって、研究発表したり、交流を深めたりする場です。前にも何度かここに書いてきてますが、会場内の1つの部屋を使って保育室が設置され、子供を預かっ…

補足(1) 夫の観察日記が書けるのか?

演習の最後の私の質問から話が進んで、5号館のつぶやき先生は「(コミュニケーター自身が科学者・専門家でないことも多いので)自由に使える(ブログのネタにできる)科学者が身近にいるといいよね」というようなことをおっしゃっておりました。自由に使え…

冥王星のこと

昨夜、子供を寝かしつけた後、ここに趣味な思い出話をつらつら書いていたところ、あの、「惑星の定義をどうするか?」というIAU総会のリアルタイムブログ中継が、id:v4641sgr:20060824 さんによってなされていたのを発見しまして、随時チェックしてしまいま…

天文絵本の展示

帰ってきました。あ〜、疲れた。結局、会場に着いた後はポスター会場をうろうろし(荒らしていた?)ておりました。出会った方々にごあいつをしたり、などなど。そして、2時半からセッションが始まったので、絵本の展示のところに家族3人でしばらくおりま…

これから年会へ

これから子連れで天文学会の年会(和歌山大)へ出発です〜。 保育室は申し込みませんでしたので、午後、子連れで受付やらポスター会場やらを、ぶらぶらいたします。 いつも目障りな私たち…。(笑)

なんてんステッカー

昨日、名古屋出張してきた夫がおもしろいものをもらってきましたので、写真をパチリ。そう、なんてん望遠鏡のステッカーです。NANTEN Submillimeter Observatoryあら、いつの間にそんなものを〜〜。Nをデザインしたのと、真ん中の●がアンテナ、左右の■が受…

ワニくん、な一週間

絵本百選で紹介しましたワニくんシリーズ、とりあえず前半5冊分を、NHKのテレビ絵本で見ました。うちの子供たちったらはまりまくり。ビデオに録画しておいたら、何度も要求されて繰り返し見てます。怖〜いはずの「ながいよる」まで。下の子も、「ワニくん、…

天文学者のお父さん

先日から始まったプリキュアの新しいシリーズ、今日、テレビ雑誌を見てたら、青い方の女の子のお父さんが天文学者で(お母さんは考古学者)、宇宙にあこがれるお兄さんがいるとか。でも、多分見てる暇も何もないと思うし、アニメだからしょうもない設定なん…

12月6日の月と金星

日記にアップしたいなと思って忘れてたのですが、今月6日にこんなのをいつものデジカメで撮っていました。22日の日記にsuikanさんからコメントいただいてしまって、このまま忘れそうでしたけど、写真のない日記が続くとちょっと寂しいので載せてしまいま…

金星

冬至の夕暮れ、凍てつく空に輝く金星を撮ってみました。手ぶれで流れてますが…。すっかり、ベランダウォッチング、それも、本当に限られた時間のみ。そういえば、キャンドルナイトの日でした。忘れてました。

もうキャラのネタがない…

天文キャラ大百科、ネタがつきてきました。いえ、手元にある公開天文台やプラネタリウムのパンフレット(注:4年以上前のもの)には、まだ、キャラがいくつかついてるものがあるのです。でも、そのホームページへ行ってもちゃんと紹介がなかったり、とか。…

かわべ天文公園

元、公開天文台職員だったので、こういうところはマスコットキャラ持ちが多いはずですから。その手のネタは探せばまだいくらか出てきそうな私ですので、まだ続けちゃいます。でも、おもしろ話、裏話は尽きてるかも…。かわべ天文公園 の 天空人といっても、ち…

スターウィーク

天文キャラ百科まだ続きます。スターウィーク の星に乗った少女8月1日〜7日は、実はスターウィーク(星空に親しむ週間)なんです。これって何なの?っていうのは、趣旨を見ていただければわかるのですが。後援に国立天文台がついてたり、事務局が国立天文…

元祖天文キャラといえば

元祖というか、誰もが星の本を探した時に必ず目にしたことあるのが、藤井旭さんのイラスト、でしょう。あの、鼻のでかい人も天文キャラかもしれませんが…。やっぱり、マスコットキャラクターといえば、チロ! かわいい〜。「白河天体観測所」のキャラという…

天文系キャラ百科その8

id:v4641sgrさんの許可を得まして(?)、天文キャラをいくつか紹介したいと思います。ほとんど、私の思い出話つき。旧、鳥取県佐治村、現在は鳥取市佐治町の、さじアストロパークの、この子サイト内をちょっとめぐってみたのですが、名前や素性を紹介してお…

ちはや星と自然のミュージアム

以前から行ってみたいとず〜っと思っていた、ちはや星と自然のミュージアムへ行ってきました。だって、大阪府内で近い(はずだ)し、ロープウェイにも乗れるし、友人も勤めているし。あと、最近、ecomomでアウトドアな方のブログ(アウトドア・ファミリー)…

アルマちゃんとあるまじろう博士

id:v4641sgrさんのところで続いている「天文系キャラ大百科」。ネタぎれとかでお困りのようで、次こそ、きっと出てくるんじゃないかと期待してたのですが、こちらで紹介しちゃいます。南米チリ、アンデス山脈の高地に設置される電波干渉計 ALMA。その、日本…

電波望遠鏡を作ろう

大学の学園祭に行ってきました。毎年恒例で、夫の研究室が出し物(オープンラボとも言う)してるから、ということなのです。例年どおり子供がいっぱい集まっていたのは、この、電波望遠鏡の集光の原理(?)を示す、スーパーボール投げ。パラボラアンテナ型…

天文学会と保育室

札幌までこの時期、わざわざやってきたのは、夫の出張についてゆく、のが第一の目的でした。札幌コンベンションセンターで、日本天文学会秋季年会が行われました。が、一応、私も会員なもので、折角ですから久しぶりに、皆様にお会いしたいというのとともに…

あの方ですよ

朝日新聞の大阪版、のみでしょうか? 大阪のおばちゃんが多く所属するタレント事務所、みかん山プロダクションの芸人の方々による、子育てエッセイが載ってます。今日のは、白浜千鶴子さんでした。そう、私が某公開天文台に勤めていた時に、探偵!ナイトスク…

陰陽師 13

陰陽師 (13) (Jets comics)作者: 岡野玲子,夢枕獏出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2005/09/29メディア: コミック購入: 1人 クリック: 31回この商品を含むブログ (118件) を見る 読みました。すっかりエジプト感化されちゃって、ますます何の話だかわからなく…

今ごろなぜ?

下で書いたからではありませんが、学位論文が製本されてきました〜。レザックエメラルド(別に、「レックウザ」「エメラルド」ではありません!)の表紙で。しかし、何故に今更でしょうか?

昔の日記、完結

2001年3月の退職まで、全部移植しました。ふぅ〜。後半になるに従って、というか、9月に病気が再発して倒れて(人生最大の岐路に立たされ、悩みぬいて、その結果)、退職&結婚を決め、体を気づかってちゃんと休日は休む生活になったら、秘密はもらせないわ…

昔の日記

天文台で書いてた日記、少し修正しながら載せています。今のところ、古いものから、2000年4月まで。なんだか雑用ばっかりで大変だったよぉ〜ってことだらけ、かと思いきや、陰陽師チャットのこと、中学生実習につきあったこと、上野の森ブラスとの出会い、そ…

野辺山高原へ

12〜14日は、長野県の野辺山高原にある、野辺山宇宙電波観測所で行なわれた、ユーザーズミーティング、のつきそいで、行ってきました。夫のことをあまりここで書いたことがありませんが、電波天文学者なのです。私も学生時代は電波のデータを使って研究…

昔の日記

先日、ようやっとMO読み取り装置が家に来たので(別件で)、天文台で仕事をしてた時のファイルを、今使っているパソコンに取り込むことができました。そして、自分のホームも手軽に充実させたいな、ということで、以前、仕事のページに出していた日記やレポ…

訪問ありがとうございます。

大平さんのメガスター開発ドラマ、「星に願いを〜七畳間で生まれた410万の星」関係キーワードからここに来られる方が多いのに、少し驚いています。というより、まとまった感想を書いてる方、少ないのでしょうか? まだ見てない夫にも説明したのですが、「大…

星に願いを〜七畳間で生まれた410万の星

たった一人ですごいことをやりとげた、なんてすごい人なんだろう…。もちろん、仕事してた時からおうわさは耳にしてました。本が出て、ドラマになって、そのタイトルやら宣伝文句やらを見ると、その超人ぶりに驚くばかりなのですけど。多くの人が見るであろう…

星座?

星座を少しだけ覚えた上の子。おもしろい間違えもしてるので、忘れないうちに書いておきましょう。 誤 正 おさかな座 → うお座 (まだ「お魚」だもんね) ぶらぶら座 → てんびん座 ラッパ座 → こと座 (私の趣味で星座の絵のカーテン(写真参照)があるので…

プラネタリウム デビュー

思い立って、子供二人連れてプラネタリウムまで出かけてしまいました。先日のミュージカル観劇中も問題なくうまくいったし、二人とも(ある程度)おとなしく見てくれると思ったので。プログラムは、前半が生解説による、春(の終わり)と夏の星空解説、後半…

陰陽師 12

陰陽師 (12) (Jets comics)作者: 岡野玲子,夢枕獏出版社/メーカー: 白泉社発売日: 2005/07/29メディア: コミック購入: 2人 クリック: 27回この商品を含むブログ (101件) を見る 天文のカテゴリでいいのかわかりませんが、読書というほどでもないし。天文台で…

ALMAバーチャルツアー

というのがALMAのページにできたということで、早速見てみました。まとまった自由時間のあまりない者(私)ですから(いつ横から手が出てくるか、誰が泣くかわからない)、写真を見ながら思いっきりすっとばすのですが…。まずはついつい、「どなたの出張?」…

初めての天体観測

いつの間にか早々と、「星さま」「お月さま」「望遠鏡」などという言葉を覚えた上の子。親の影響もあったりするのか、わりと興味を持ってくれてるようです。壁に貼ってある元職場のカレンダーを見て「またこの望遠鏡を見に行きたい」と時々言うし。先日はお…

X線天文衛星「すざく」

無事に打ち上がって、ほっとしております。「すざく」の名前で思い出すのは、まずは、そう、もう時効だから書いてしまってもいいかと思いますが、「なんてん」望遠鏡の名前を決める時、最終候補の4つくらいにに残ったものの一つが「朱雀」だったということ…

Book Baton

id:choubeginnerさんより、バトンがまわってきました。 持っている本の冊数 マンガ、雑誌、会報なんかを除いて、ざっと考えて100冊くらいでしょうか。多くが、学生時代の教科書とか。子供が生まれてからは、買った本より売ったり捨てたりした本の方が多い…

何してるのかなぁ〜

毎度のことですが、懲りずに時々、天文・天文教育関係者のブログというか日記をたどったりしているのですが、どうも、現在院生などの若い方しか見つかりません。探し方が下手&いいかげんなのかもしれませんが。院生となると、学会にも行ってないから、もう…

スイスの星占い

スイス在住の方のブログに、とても興味深いことが書いてありましたので、トラックバックいたします。コメントもさせていただきましたが、限界がありますからね。 そう、それは、スイスの雑誌に出ている、星占いの12星座のイラストについて、です。

読み終わりました

ALMAの本、最後まで到達しました。テクノロジーについては、正直、どういうものかうわべだけは読むことでなんとなくわかっても、相当奥深く、難しいものだというのも伝わってきて、なんだか恐ろしくさえなります。でもみんな、これらも、天文学者はじめ、人…

ALMAの本、5,6章

すごい遅いペースで読んでます。太陽系内天体に関しては、いろいろな天体がありすぎて、個性があって、それぞれの特徴を知る&調べるだけでもせいいっぱい、てな印象でした。「データがたくさん取れすぎて嫌になるくらい」ってのは、なんだかよくわかります…

サマータイム反対

suikanさんの夏時間に関する記事 id:suikan:20050407#p4 を読んで、いろいろと思い出しました。そう、自分も仕事してた時、サマータイム導入が検討されていて、職場で反対表明をしました。どっかに「困った〜」っていうイラストも描いたはず、です。真夏、7…

 さて、これから何しよう…

さて、で、これから子供2人かかえた自分、何ができる?って考えたのですが。まずは自分のホームページの整理、書き足しもそうだけど、ALMAのページにあるあれに、書き加えないと、ですね。そう、「電波望遠鏡」のキーワードの修正を少しさせていただいたの…

ALMAのこと

ALMAをキーワードに入れ、ました。というか、先日の日記にキーワードリンクがあったので、びっくりしたから。ゲームとは全く別物なので。それにしても、まだほとんどできてないからニュースにもならないし、話題として取り上げる人も少ないでしょうけど。今…

のび太の太陽系形成

昨日、子供の薬をもらうのに調剤薬局で待っていたら、テレビにドラえもんが流れていました。のび太が夏休みの自由研究とかで、太陽系形成を行なって、それを観察ノートに書く、というもの。中心に原始太陽ができて、周囲の微惑星がぶつかって、地球のような…

読書

私たちは暗黒宇宙から生まれた―ALMAが解き明かす宇宙の全貌2,3章読みました。T先生の文章は、あいかわらず読みやすいです。月報とかのも、なんだかすらすらと読めてしまうのは(難しいはずなのに!?)、なんでだろう、とてもわくわくした気持ちの表現が…

本を読む

id:miercolesさんの日記に言及してあって、うちにもあるので、リハビリを兼ねて読みはじめました。まだ1章までなんですが…。あと、若手のインタビュー。私たちは暗黒宇宙から生まれた―ALMAが解き明かす宇宙の全貌作者: 福井康雄出版社/メーカー: 日本評論社…

まとめ

続きです。 仕事をやめてからの数少ない天文との接点をまとめておきましょう、か。一応。2001年、11月。日本で流星雨が見られる、と予想されたこの日でしたが、しし座流星群は、家のベランダで見てました。街中で街灯もすごいんですけど、かなりの数見…

天文の話を書こう

そういえば、本職だった天文とかの話が、今ある自分のページにほとんどなくなってしまってるのに気付きました。「ちょっと何か書いてみようかな」と思っても、どこに書いていいかわからず、やっぱりここ(日記)になってしまうのが嫌で。でも、新しくページ…

天体観測

プライベートでいろいろあって、音楽もまともに追えてない日々でしたが、ここのところやっと落ち着いたというか、そうでもないというか…。SCRIPTは活発にリリースとかライブとかされてますが、そんなわけで冬くらいから出かけられず、椅子席のあるライブなら…